黒牛の海 くれなゐにほふ ももしきの
                    大宮人し あさりすらしも

「黒牛の海の浜辺が虹の色に美しく照り映えている。宮廷のお供の女官たちが磯遊びをしているらしい」

-

紀伊続風土記によると、現在の海南市船尾、黒江、日方地区はその昔、深い入り江であり、潮が引くと黒い大きな牛の形をした岩が見えたので、黒牛潟(黒牛の海)と呼ばれていた。
黒江という地名はこの黒牛潟に由来する。この歌は、海のない大和国(奈良県)人が生まれて初めて見る紀伊国(和歌山県)の海に感動し浜辺の鮮やかな景色に対する心の高ぶりを歌ったものである。