この歌の意は、
名高の浦の愛子地には袖を触れるだけで、そこに寝ることもなく終わってしまうのであろうか。

-