桑名は東海道42番目の宿駅であり、桑名藩の城下町で、また、木曽三川の河川交通、伊勢湾の海上交通を担う港町でもあった。
その上、桑名は熱田宮宿に次いで、東海道中第二位の宿数を誇り、一の鳥居を擁する伊勢路の玄関口として賑わいを見せていた。

-

-

江戸時代の東海道は、慶長六年(1601)正月に定められ桑名宿も設けられた。江戸から約九六里(約384辧法京都から約三十里(約120辧砲任△辰拭5椽鼻頁田)から海上七里(約28辧法∋容市宿までは陸上三里八丁(約13辧法⊆稽い療呂珪譴ら川口町、江戸町、片町、京町、吉津屋町、鍛冶町、新町、伝馬町、鍋屋町、矢田町、福江町までが桑名宿であり、さらに大福、安永を通り町屋橋を渡って東海道が続いていた。
天保十四年(1843)の調べでは宿内人口は八千八百四十八人であり、本陣二軒、脇本陣四軒、旅籠屋百二〇軒があった。

-