金屋の石仏(山辺の道)

-

この中におさめられた二体の石仏は右が釈迦、左が弥勒と推定されています。高さ2.2檀約80僂瞭麕腓里稜竿調笋防眥Δ気譴燭海諒像は、古くは貞観時代、新しくても鎌倉時代のものとされ、重要文化財指定を受けています。
赤茶色の石は、石棺の蓋であると考えられています。

-