この俳句は戦前全国名所俳句瀧の部一位入選作とされている。

-

         瀧の上に水現れて落ちにけり   後藤夜半(神戸の俳人)

-