この建物は幕末期に大野藩家老として活躍した内山七朗右衛門良休やその弟の郎肝復呂鯒攴个靴親盪害箸竜貘陲任后J豌阿亙親りの木造切妻造り桟瓦葺き二階建てで、明治15年頃に建てられたものですが、大野城下の武家屋敷の旧態を比較的よく残しています。

越前大野城

-

内山七朗右衛門良休は大野藩の藩政改革に尽力し、特に大野屋の開設など経済面で手腕を発揮しました。藩主土井利忠・利恒の信頼もあつく万延元年(1860)家老に任ぜられ、廃藩後も大野屋を経営し士族の救済を図るなど、明治14年75歳で亡くなりました、

-

-