この庭園は、数寄屋造りの屋敷をそなえる回遊式林泉庭園で、江戸時代初期から中期を代表する名園の一つです。
かつては、福井藩主松平家の別邸で、江戸時代には「御泉水屋敷」と称されていました。福井城の本丸から北東約400辰琉銘屬砲△蝓∧^羮襪粒伊戮療攀錣棒椶靴討い泙后
成立時期については詳らかでない点が多いが、3代忠昌時代に藩邸となり、城下を流れる芝原上水を引き込んで御泉水屋敷となったと伝えられています。
御泉水屋敷の文献上の初見は明暦2年(1656)で、4代藩主光通の側室が御泉水屋敷において男子(権蔵)を産んだと福井藩の歴史書である『国事叢記』などに出てきます。

-

-

-