渡辺 洪基(わたなべ こうき)1848年1月28日(弘化4年12月23日) - 1901年(明治34年)5月24日)は明治時代の日本の官僚、政治家。

-

越前国武生(福井県武生町 (現在の越前市中心部))生まれ。慶応義塾大学卒。漢学、蘭学を修め、佐藤舜海、福沢諭吉の塾で学ぶ。学習院次長、元老院議官、工部少輔、東京府知事、帝国大学(東京大学の前身)初代総長、文官試験局長官、駐オーストリア公使、衆議院議員、貴族院議員を歴任し、東京統計協会(日本統計協会の前身の一つ)、国家学会、日本建築学会、工業化学会(日本化学会の前身の一つ)など多数の学会会長を務めたほか、工手学校(工学院大学の前身)、大倉商業学校(東京経済大学の前身)の設立に関わった。

-