この付近は、かの明治政府初代の財政担当者として、また五箇条の御誓文の起案者として知られている福井藩出身の逸材由利公正の宅跡である。彼は在藩時代三岡八郎と称して、ここに居を構えていたが幕末維新の大立物坂本龍馬や福井藩の賓師としての名声のあった横井小楠が彼を訪ねてここに足跡を印したことがある。

-

実際の由利公正宅跡は、明治33年から34年かけて行われた河川改修工事によって消滅しており、現在はその跡を見ることはできない。

-