「啓発録」は嘉永元年(1848)郷土の偉人橋本左内が、15歳の時に自分の生活を反省して、自分自身を激励し、言い聞かせる意味で述べたものです。

-