ユネスコ世界遺産に登録された堺市にある百舌鳥古墳群は44基、反正天皇陵古墳は田出井山古墳とも呼ばれ、百舌鳥古墳群の北端に築かれた前方後円墳です。造られた場所は大阪湾を望む台地の端にあり、古墳の向きが海岸線に沿っていることから古墳が海からよく見えるように築かれたと考えられています。


-

-

-

墳丘は三段に築かれており、西側のみに造り出しがあります。かつては現在の濠の周囲に外濠が巡っていましたが、遅くとも14世紀には埋まったようです。外濠からは埴輪や須恵器、勾玉が見つかっています。東側には天王古墳と鈴山古墳があります。

-