茶山古墳は、仁徳天皇陵古墳の中堤と一体に造られた円墳です。濠に挟まれた堤の上に大型の円墳が造られることは他に例がなく、茶山古墳と東側に位置する大安寺山古墳以外にありません。
周辺の古墳と比較してもひときわ仁徳天皇陵古墳との強い結びつきが想像されますが、墳丘が2段に築かれたと考えられるほか詳しいことはわかっていません。

-

-

茶山古墳北側の仁徳天皇陵古墳外濠から出土したとされる馬形埴輪や人物埴輪は茶山古墳に立てられた可能性があります。

-