竜佐山古墳は前方部が短い帆立貝のような形をした前方後円墳で、東の孫太夫古墳や西の狐山古墳とともに仁徳天皇陵古墳の陪冢の一つです。
調査の結果、前方部北西隅には濠を渡る土手があったと考えられます。埋葬施設や副葬品などは明らかになっていませんが、墳丘から転落した葺石や埴輪が濠から見つかりました。埴輪の特長から仁徳天皇陵古墳よりも新しく、陪冢の中では最も新しい時期に築かれたと考えられます。

-

-