仁徳天皇陵古墳は我国最大の前方後円墳です。第16代仁徳天皇の陵に定められ宮内庁により、「仁徳天皇百舌鳥耳原中陵」として管理されています。
墳丘の全長486叩後円部の直径249叩∩以部の幅307叩⊆濠を含めた南北長さ840叩東西長さ654叩⊆囲の距離2718叩◆¬明傳苅僑苅隠横喚屬如△修梁腓いことから「大仙陵」とも呼ばれている。

-

三段に築かれた墳丘はくびれ部の両側に造り出しを備え、墳丘の周囲には三重の周濠が巡ります。さらにその外側には、多くの陪冢が造られました。
ある試算によれば、仁徳天皇陵古墳を造るには一日最大2000人が従事して15年8ヶ月の年月が必要で延べ680万人もの人々が従事したとされており、莫大な労力が費やされたことがわかります。

-

明治5年、前方部正面の第2段目斜面で竪穴式石室が発見されました。石室には長持形石棺という石製の棺が納められ、金銅製の甲冑、刀、ガラス製容器などの副葬品が見つかりましたが、もとの通りに埋め戻したとされています。

-

-

墳丘や堤には3万本近い埴輪が立て並べられていました。円筒埴輪の他女性埴輪や馬形埴輪、水鳥形埴輪などが出土していますが、それらの制作年代より5世紀中頃に古墳が完成したと考えられています。

-