善右エ門山古墳は、いたすけ古墳の後円部南東側堤に接する位置にあり、築造時期も近いことから、いたすけ古墳と関わりのある古墳(陪冢)と考えられています。
いたすけ古墳の北東にあった吾呂茂塚古墳は、造られた場所や古墳の向きから善右エ門山古墳とともにいたすけ古墳の陪冢とみられます。

s-CIMG2901

過去の発掘調査によれば、周囲の濠が巡らないことや、墳丘が2段に築かれ、1段目斜面と2段目斜面の間の平坦には礫が敷かれて、円筒埴輪の巡ることがわかりました。
円筒埴輪は南側で1.7叩∪沼Δ韮沖辰箸い広い間隔で立て並べられていることが特長です。百舌鳥古墳群において、これほど広い間隔で埴輪が並ぶ古墳はほかにありません。

s-CIMG2902