御廟山古墳は前方後円墳で、墳丘は3段に築かれ南側のくびれ部のみに造り出しがあります。墳丘の周囲には、かつては二重の濠が巡っていましたが外濠は埋没しています。
発掘調査の結果、墳丘の一段目テラスには円筒埴輪が隙間なく並べられていることがわかりました。造り出しとその周辺からは囲形埴輪と家形埴輪のほか、様々な形象埴輪やミニチュア土器、魚・笊(ざる)を表した土製品が見つかりました。これらは造り出しで行われた祭祀の一端を示していると考えられます。

s-CIMG2903

s-CIMG2906

s-CIMG2907