萩城の外堀から外側に広がる城下町は、町筋は碁盤目状に区画され中・下級の武家屋敷が軒を連ねていました。現在でも町筋はそのままに残り、往時の面影をとどめています。
白壁となまこ壁や黒板塀の美しい町並みが続き、維新の志士ゆかりの地が点在しています。

s-DSC_1946

s-DSC_1948