五翼放射状平屋舎房
この舎房は明治42年の火災で焼失後、それまでの並列型に代わって同45年に再建された舎房です。
中央見張りを中心に雑居房・独居房・鎧格子・矢筈格子といった独特の建築技法を採用し、昭和59年9月迄使用されていました。
明治獄舎の名残を完全にとどめる舎房としては国内最大規模で、ことに木造では現存する我が国最北端の監獄として学術的に貴重なものとされています。

s-CIMG3892

厳寒の網走では暖房器具の設備は特に必要です。網走監獄においても開設当初は薪ストーブを使用して暖を取っていました。その後、時代と共に石炭ストーブ、石油ストーブ、スチーム暖房と近代的に整備されてきました。
第5舎58辰猟垢は下にはストーブ2台設置されておりました。

s-CIMG3876

s-CIMG3860