日本最北端の地の碑
この碑は現在私たちが自由に往来できる日本の領土としては最も北に位置する宗谷岬の突端、北緯45度31分22秒に建てられています。北極星の一稜を象徴した三角錐をデザインしており、中央の”N”は北を、台座の円形は”平和と協調”を表しています。
対岸のサハリン島クリリオン岬までは43劼曚匹竜離で、天候に恵まれると背後に広がる宗谷海峡の彼方に、かつて日本領(樺太)だったその島影を望むことができます。

s-CIMG4087

宗谷岬「音楽碑」
黒御影石の碑面に歌詞と楽譜が刻まれているのは、ここ宗谷岬の春の光景を歌った郷土の歌「宗谷岬」です。地元で活動を続けてきた吉田弘さんが詞を作り、演歌の大御所・船村徹さんが作曲しました。
1976年にNHKの音楽番組『みんなの歌』で、ダ・カーポが歌う曲が全国に紹介されヒットしましたが、ほかにもボニージャックス、千葉紘子さん、芹洋子さんなど、多くの歌手により歌われてきました。『宗谷岬』は最果ての旅情をかきたてる叙情歌として、今も人々に歌い継がれています。

s-CIMG4081