オコタンペ湖周辺は漁岳周辺森林生態系保護地域となっており、標高1318辰竜岳を中心に南に小漁岳山とフレ丘が尾根を重ね、それら東にオコタンペ湖は位置します。
この区域の森林は標高600辰ら1300辰糧楼脇發砲△蝓大雪山など道央のエゾマツ、トドマツ林から渡島半島のブナ林の移行地域として重要な地域です。
眼下に見えるオコタンペ湖は、約3万年前、支笏湖カルデラ生成後噴火し、恵庭火山の噴出物が沢をせきとめて形成された湖です。

s-CIMG4698


オコタンペ湖は支笏湖より300丹幣綛眞呂砲△蝓湖の水は急崖を滝となって落ち、オコタンペ川になり支笏湖に注いでおります。湖の周囲は、トドマツ、エゾマツなどの針葉樹とミズナラやダケカンバなどの広葉樹が混交する森林となっています。これらの森林に取り囲まれた湖水はエメラルドグリーンとなり、神秘的な雰囲気を醸し出すとともに、北海道三大秘湖のひとつといわれています。
オコタンペ湖は、周囲約5キロ叩∈蚤膺綽写鵤横悪辰妊▲瓮泪后▲┘哨汽鵐轡腑ΕΕ、ザリガニなどが生息しています。また、鳥類ではオシドリ、マガモなどが飛来します。