長浜城主の羽柴秀吉公は、鷹狩りの途中に観音寺(米原市)へ立ち寄りました。汗をかいた様子の秀吉公を見た寺小姓の佐吉少年は、多きな茶碗にぬるいお茶をなみなみと持って行きました。秀吉公がもう一杯頼むと、少年は先ほどよりも少し熱いお茶を茶碗に半分ほど差し出しました。そこで秀吉公はさらに一杯所望したところ、今度は小さい茶碗に熱いお茶を入れて出しました。

s-DSC_0402

秀吉公はお茶の入れ方ひとつにも気を配る佐吉少年を気に入り召し抱えました。この少年が後の石田三成公で、この話は「三献の茶」として今も語り継がれています。