知音の旅人

誰人であっても誕生と同時に 人生と云う旅に出て 目標に辿り着こうとする旅人である

温泉

坂本龍馬、避難の材木小屋跡

慶応二年(1866)1月24日未明、薩長同盟を締結した坂本龍馬が、長州藩の三吉慎蔵と寺田屋に潜んでいるところを伏見奉行配下の役人に取り囲まれ、風呂場にいたお龍が、不穏な気配を察知して二階の龍馬に危機を告げたので龍馬はピストルで応戦した。
三吉は槍を構えて戦いましたが乱闘になり、龍馬は両手首を切られてしまいます。負傷した龍馬を肩に掛け、裏口の物置を抜けて隣家の戸を破り小路に出て逃走した三吉は途中の寺に探索者がいるのに気付き、方向転換して川端の材木小屋を見つけて密かに忍び込み、龍馬をその小屋に置いて豪川沿いの伏見薩摩藩邸に駆け込みました。
この事件の顛末の詳細は「三吉慎蔵日記」に記されており、龍馬が潜んだとされる西浜の材木小屋は豪川の左岸南方にあったと言われている。

-

藩邸へはすでにお龍が知らせていたので、留守居役の大山彦八は薩摩藩の旗印を掲げた船を出して龍馬を無事救助しました。龍馬の傷は深く、静脈も傷つき、翌日まで出血が止らなかったと龍馬の手紙にも記されています。
龍馬とお龍は、1月29日まで伏見薩摩藩邸に滞在し、約1ヶ月後に西郷隆盛らとともに薩摩藩の蒸気船三邦丸に乗船し鹿児島へ向かい傷の治療をかねて霧島温泉に向かいます。
これが後に、日本で最初の新婚旅行といわれています。

足湯(別所温泉)

この辻を左にゆくと足湯がある。

-

足湯「ななくり」 この天気では入る気にはならない。

-

-

湯かけ地蔵

-

上田の在の信心深い春蔵が、佐渡に流刑された日蓮聖人を慕って佐渡のとある沼地を通りかかると「春蔵、春蔵」と呼ぶ声が聞こえた。辺りには誰もいない。
「泥にまみれて永いこと此処にいる。一度信濃の湯につかりたい。身を清められたらお前の願いを叶えよう」
春蔵は驚いて沼に入り泥の中から一体の地蔵尊を採り出し、急ぎ信濃に帰り別所の湯に入れた。それからの春蔵は美しい女人と結ばれ子宝にも恵まれて幸せな日々を送ったという。

別所温泉

上田駅で満員状態だったが「大学前駅」で殆どの乗客が降りていった。

-

別所駅

-

天長2年(825)比叡山延暦寺の円仁が北向観音堂建立にあたり好んで入浴したので大師湯と名付けられたと伝えられる。

大師湯

-

昔矢傷を負った雉子が湯あみして傷をいやしたので「雉子湯」と呼んでいたことも、

一夜明ければ

長野県は上田駅前のホテルに宿泊し、一夜明ければ辺りは真白になっていた。

18日8時30分頃の上田駅前

-

上田鉄道別所線で別所温泉へ

-

温泉寺(龍神温泉)

日高川

-

日高川に架かる湯本小橋

-

-

温泉寺

-

弘仁年間、弘法大師が難蛇龍王の夢のお告げによって泉源を得たので草庵を結んで自作の薬師如来像を安置した後、宝永二年明算という僧が頑固な腫れ物をこの湯で治したことで龍王社薬師堂を再建し温泉寺と名付けたと伝えられる。

-

日本三美人の湯
群馬県、川中温泉 島根県、湯の川温泉 和歌山県、龍神温泉

-

龍神温泉

紅葉は遅いかと思っていたが、(護摩壇山にて)

-

予約していた龍神バス11時25分発、

-

龍神温泉着12時5分、次のバスは16時15分までない。

-

龍神温泉
その昔、役の行者小角が発見し、後に弘法大師が難陀龍王の夢のお告げによって、湯場を開いたことから龍神温泉の名がつけられたと伝えられる。泉質は、日本一といわれる炭酸泉で無色透明ラジュームの放射量豊富で皮膚を綺麗にし美人をつくる湯として名高く、越後の川中温泉、山陰の湯の川温泉と並び日本三美人の湯と称されている。

-

-

下御殿(この温泉1996年に日帰り入浴している)露天風呂もあるが人が多すぎて写真撮れず。

-

-

炭酸源泉(有馬温泉)

湯泉神社

-

炭酸泉源

-

-

有馬温泉道標

-

有馬温泉歴史コースを歩き終え、路線バスでゆっくりと宝塚駅まで帰りました。

温泉寺(有馬温泉)

奈良時代、温泉で人々を病から救おうと行基が724年に建立しました。温泉寺には行基・有馬温泉中興の祖・仁西の像が祀られており、1月2日の入初式には温泉の初湯で沐浴される。本堂の波夷羅大将立像は国の重要文化財に指定されている。

-

-

しょさんべつ温泉

日本海を見下ろす高台にある「しょさんべつ温泉」は大浴場、露天風呂、気泡風呂、打たせ湯、水風呂、サウナ、家族風呂がある。
先人がいたので写真は撮れず、日本海に沈む夕日や利尻島の眺めは素晴らしく宿泊もできて、もう一度行くなら冬が良いと想う。

泉質はナトリウム塩化物泉、

しょさんべつ温泉


備考 訪問先にブログランキングが複数あって別窓が開かない場合、元のページに戻していたが、何度
    もクリックしなければ戻らず困っていた。
    「ghost mail」さんのブログに「ctrlキーを押しながらクリックすると」と表記があり、使ってみると全て
    別窓となり、重宝している。 感謝

岩尾別温泉

北海道東部、斜里町にある温泉で知床半島のオホーツク海斜面、羅臼岳北麓の標高260メートルに位置し、イワウペツ川支流の渓流沿いにホテルが1軒ある。羅臼岳、硫黄山の登山口、知床五湖の入口にあたる。

岩尾別温泉  丸太風呂

-

露天風呂

この露天風呂L字型をしている。
温泉が出ている写真を撮ろうとしたら御婦人が入っているではないか。
慌てて内湯に入っている人に話したら、「内湯は男女別ですが露天は混浴です あれは家内です どうぞ どうぞ」
「どうぞ」と言われても「それでは」とは言えない。

-


記事検索
おきてがみ
blogram
blogramによるブログ分析
足あとを残せます。
後ほど訪問致します☆
Archives
  • ライブドアブログ