知音の旅人

誰人であっても誕生と同時に 人生と云う旅に出て 目標に辿り着こうとする旅人である

名所

三宝院(醍醐寺)

永久三年(1115)、醍醐寺第14世座主により創建、現在の三宝院は慶長三年(1598)豊臣秀吉により再建されたもので、唐門や表書院は国宝に、その他の建造物は大半が国の重要文化財に指定されている。

 唐門

-

桃山時代を代表する秀吉設計の庭園は池泉回遊式と枯山水が折衷されている。

 玄関(大玄関と小玄関がある)

-

豊臣秀吉が開いた「醍醐の花見」に倣って、毎年四月第二日曜日には「豊太閤花見行列」がおこなわれる。

備考 院内及び庭園は撮影禁止となっていて監視員がいる。

醍醐寺

京阪電車中書島駅から宇治線で六地蔵駅で下車して、駅前からバスで約15分醍醐寺前で降ります。

-

真言宗醍醐派の総本山で、山上の上醍醐と山下の下醍醐から成る壮大な寺で天暦五年(951)に完成した京都府域最古の五重塔をはじめ、四万点に上がる多くの国宝や文化財を有している。

 総門

-

応仁の乱や文明の乱により、五重塔を残してすべて焼失したが、慶長三年(1598)に豊臣秀吉が北政所らを醍醐の花見に誘ったことをきっかけに、秀吉の厚い帰依を受けて復興された。
本堂の金堂(国宝)は慶長四年(1599)に紀州湯浅の満願寺から移築したものといわれ、三宝院庭園(特別史跡及び特別名勝)は、華麗で豪華な桃山時代の庭園で秀吉の権勢をしのばせている。

 西大門

-

三条小橋


 高瀬川に架かる三条小橋

三条小橋

江戸時代より木屋町〜河原町間の三条通りは現在より道幅が狭く、又、右側の旅館「吉岡家」は江戸時代から続く旅館です。
江戸の警護をして有名な庄内藩士「清川八郎」が安政二年に書いた紀行文「西遊草」のなかで、三条小橋のかたわらの「吉岡や」に泊まったと記してあります。

三条小橋

「「京城勝覧」(儒学者・貝原益軒著)のなかに「三条小橋高瀬川にわたせり。此の下より舟にのり伏見にゆく。此邊より大橋の際まで旅籠屋多し。」と当時の三条小橋周辺を紹介しています。

明々庵(県指定文化財)

明々庵庭園から松江城を望む

-

松江藩七代藩主松平不昧公によって1779年に建てられ、松江から原宿へ、そして四谷へと次々と移築を繰り返した。

-

まさに流転の茶室で松江に帰ったのは1966年のことであった。

室戸岬

高知県南東部に位置する室戸岬、室戸と聞いて脳裏に浮かぶのは第2室戸台風、風が強く大阪にも大きな被害がでた。
岬に着くと中岡慎太郎像が国道端に立っていた。

-





















室戸阿南海岸国定公園に指定されている。

-

松江の武家屋敷

この屋敷は松江藩の六百石程度の中級武士が住んだところで、家族の部屋は天井も低く造りも質素なものとなっている。

-

 湯殿

-

 台所

-

松江の武家屋敷

母屋の建坪はおよそ七十坪で、客が迎えられる式台玄関から座敷に至る部屋と裏側の私生活の部屋は造りも材料も区別して武家の公私別を示している。

客が入る式台玄関と家族などが使う内玄関がある。

-

座敷は邸内で最も立派な部屋

-

座敷前の庭園

-

塩見縄手

初代出雲藩主堀尾吉晴が1607年から1611年にかけて松江城築城の際に城地の亀田山と北側の赤山の中間にあった宇賀山を掘削して、内堀と平行する道路および侍屋敷を造成した。

-

この道路が塩見縄手と呼ばれる。縄手とは縄のように一筋にのびた道路のことをいい、二百石から六百石程度の中級武士の屋敷が並んでいた。

−

この武家屋敷に一時住んでいた塩見小兵衛がのちに異例の栄進をしたため、それをたたえて塩見縄手と呼ぶようになった。

松江市伝統美観保存地区に指定され、昭和62年には建設省「日本の道100撰」に選ばれる。

小泉八雲(パトリック・ラフカディオ・ハーン)旧居を訪ねて

英語教師として松江に赴任した八雲はセツ婦人と共に、かねてからの念願であった武家屋敷(松江藩士 根岸家)を借りて暮らし始めた。

-

 部屋を取り囲む庭は自然の山水を絡め趣があり退屈を余儀しない。

-

-

住居も庭も趣はあるがこの地方の自然環境を察するに、現代に生きる私から見ると凍てつくほどの寒さには耐えられないと思うが、
私も子供の頃は火鉢と湯たんぽしかない雪深い山奥で住んでいたのだから人は自然にある程度順応するものだとも思う。

高野の伽藍(その九)


 金堂

高野山開創当時は講堂と呼ばれ、平安時代半ばから高野山の総本堂として重要な役割を果たし、現在の建物は7度目の再建で、1932年に完成、梁間23.8メートル、桁行30メートル、高さ23.73メートル、入母屋造り

-


 大塔

816年から887年ごろに完成したと伝えられ、この大塔を真言密教の根本道場におけるシンボルとして建立され、根本大塔と呼ばれ、多宝塔様式としては日本最初のものといわれている。

-


−
記事検索
おきてがみ
blogram
blogramによるブログ分析
足あとを残せます。
後ほど訪問致します☆
Archives
メール
  • ライブドアブログ