知音の旅人

誰人であっても誕生と同時に 人生と云う旅に出て 目標に辿り着こうとする旅人である

街道

御馳走屋敷

徳川家康が関八州の太守として駿府城から江戸に入ったのが天正18年(1590)8月、同年10月には田中吉政が岡崎城に入城して城下の整備にとりかかりました。
吉政は矢作川に初めて橋を架け、東海道を城下へ引き入れました。城下の道は、防衛の意味から屈折しているのが常で岡崎はその典型でした。これが二十七曲りで、しかし、徳川の安定政権が続くと防衛の意味もなくなり、城下町・宿場町として栄えていきました。

-

現在の岡崎信用金庫資料館南辺りに御馳走屋敷という屋敷があった。文政九年の「家順間口書」によると間口が十五間以上もある立派なものであった。
御馳走とは接待を意味する言葉で、この屋敷は公用の役人などをもてなす、いわば岡崎藩の迎賓館的な役割を持っていた。公用旅行者の格式によって接待方法も違うが、特に勅使や宮様、御三家、老中、所司代、御茶壺、朝鮮通信使などの高位高官の一行が岡崎宿を利用する際の接待には岡崎藩から家老がこの屋敷に出向いて丁重に挨拶したという。

籠田惣門(岡崎宿東海道二十七曲り道標)

きららみち(明治二巳巳年十二月建之)

-

西本陣前角

-

-

西本陣跡

-

田中吉政の時代、岡崎城の周囲は川の流れを取り入れた堀で囲われたとされる。籠田惣門は現在の籠田公園前、西岸寺辺りにあった。門の前に外堀があり、そこから西は岡崎城内となる。惣門は東海道が城郭内に入る出入口にあたり、籠田惣門は東の門であった。

-

西は現在の中岡崎町に松葉惣門があった。二十七曲と呼ばれた東海道は伝馬町を経てこの籠田惣門から北に曲がり現在の籠田公園を抜け、連尺町へとつながってゆく。岡崎では東海道は東西から城下まで導かれていたわけである。

下高野街道と中高野街道

かつて高野山へ参詣する人々は高野街道を往来しました。高野街道には四つの経路があり、下高野・中高野・西高野の三つが大阪狭山市内を通ります。

「中高野街道」
中高野街道は、平野大念仏寺付近から南下し、東野廃寺・狭山神社のある大阪狭山市東部を通ったのち、西高野・東高野と合流して一本の高野街道となり高野山へ至ります。
大阪市平野区で狭山道、大阪狭山市で平野道とも呼ばれるこの道沿いには、古代から寺社・遺跡、中世・近世からの念佛宗寺院が点在しています。

下地図「現在地」付近

-

南海高野線「大阪狭山市駅前」

-

中高野街道は右に折れ南海高野線を渡り直進します。

-

下高野街道と中高野街道の合流点
   「右が中高野街道、左が下高野街道」

-

「下高野街道」
下高野街道は四天王寺から狭山池北堤付近に至り、報恩寺付近で中高野街道と合流します。南北朝期には、半田城・池尻城・野田城・大饗城などの城郭が道沿いに築かれました。

-

-

-

神足(西国街道)

江戸時代の神足村
神足村は西国街道沿いに位置し、寛永10(1633)年〜慶安2(1649)年まで、後の高槻藩主永井直清の領地となり、直清転封後は幕府の蔵入地、女院料など京都代官支配地や寺社領が入り組む、「相給」の村となりました。「相給」とは、幕府が1 つの村を複数の領主に知行させることをいい、京都近郊の村々では天皇や女院の御料、公家や寺社などの領地が少しずつ複数の村にわたって設定されたため、この「相給」の村が一般的でした。

-

-

-

-

『旧石田家住宅主屋』 国登録有形文化財
この住宅は、店舗と住まいを兼ねた町屋で、規模が大きく江戸時代末期の町屋建築の基準となり、西国街道に面して建つ切妻造で、三面に庇を廻しています。
表構えに格子と出格子を並べ、大屋根下の白壁に二箇所の虫籠窓を開いています。玄関を入ると、通り庭が奥に続き、煙出しや六寸角の大黒柱、繊細な細工を施した座敷などが残っています。
神足村の旧家岡本家一族の商家で、江戸時代には「紙屋」の屋号で和紙などを商っていたようです。

s-CIMG0053

-

平野郷の黄金水

平野郷は元来、土地低湿で、飲料に耐えない井戸水のなかで、この井戸水のみは水質に恵まれ各戸に運ばれ平野郷の命の水となっていた。

-

小栗街道(熊野古道)

雄ノ山峠を越えて熊野へ参拝する熊野古道を小栗街道と呼んでいます。小栗街道といわれるのは、不治の病にかかった小栗判官が、照手姫の土車に引かれて熊野権現の霊験を求め熊野を目指してこの道を通ったことからです。

-

-

-

判官は熊野本宮に参拝し湯の峰の湯を浴びてすっかり元気になり、照手姫と結ばれました。判官は、後に、畿内五ヵ国(大和・山城・河内・和泉・摂津)と美濃(岐阜県南部)を賜りました。
この話は、説教節や和讃、浄瑠璃などに脚色され伝えられています。

熊野街道

和歌山県の海南駅から熊野街道を南に歩いていたら街道沿いの人から少し東に行けば熊野古道があると聞いた。

-

-

-

-

-

-

-

熊野街道から熊野古道に向かうことにした。

小諸本陣(北国街道)

これは元、小諸の本陣兼問屋上田屋の建物である。建設年代は十八世紀末から十九世紀初頭と推定されている。

-

-

この二階建ては、問屋場で街道に面し、間口八間、正面に大きな切妻屋根の妻を見せ二階は腕木で持ち出し格子窓を広くとる。当初一階正面は全面開放の縁側で内部は八室が二列に並び、その全面に畳廊下を通した間取りであった。

-

二階は九室で部屋割りはあまり変わっていない。別棟正座敷(御殿)を失っているのは惜しいが西隣にあるほぼ同時代薬医門とともに北国街道に残る数少ない構造が立派な本陣建築の一つである。

粂屋(旧脇本陣)

江戸時代、北国街道を通った大名行列が小諸に宿泊する時、お殿様は本陣に泊まり、家老など上級の家臣がこの脇本陣に泊まりました。

-

脇本陣は本陣の次に大きな建物で、左側には式台の玄関があり、その奥には座敷があります。また、二階の手すりや看板を下げる「まねき屋根」など、江戸時代旅籠の姿を伝えています。

旧つたや旅館(北国街道 小諸)

「つたや」が旅籠を始めたのは江戸時代初めの1657年で、屋号は「つたや七左衛門」でした。

ギャラリーつたや

-

この建物は大正時代に建てられたもので、大正の雰囲気を伝えるモダンなデザインです。「つたや旅館」は江戸時代から昭和の初めまで商人宿として賑わった宿です。俳人の高濱虚子が滞在したこともあり、各部屋には小説家や書家の書き残した書などが飾られています。

-
記事検索
おきてがみ
blogramによるブログ分析
-
足あとを残せます。
後ほど訪問致します☆
Archives
  • ライブドアブログ