知音の旅人

誰人であっても誕生と同時に 人生と云う旅に出て 目標に辿り着こうとする旅人である

街道

美濃街道(多度)

多度駅(養老鉄道線)

-

美濃街道は、一般に尾張の東海道宮宿と美濃の中仙道垂井宿を結ぶ脇街道を指すが桑名からも美濃国に至る街道が開けていた。七里の渡しから東海道を南下し、川口町と江戸町との境で西へ向かう道は三崎通り、堤原を経て再び左右に分かれる。
左側は照源寺や桑名駅へ向かう八丁縄手と称する道、右側は美濃・多度方面へ向かう福島縄手と称する道である。現在、堤原との分岐点に建っている道標は、弘化4年(1847)の建立で、「右みの多度みち」に加え、「左すてん志よみち」と彫り込まれている。「すてん志よ」とは、ステーションつまり駅のことで、明治28年に関西鉄道(現関西本線)桑名駅が開業し、左に進む道が駅に行く幹線道路となったため、従来からあった道標に新しく彫り加えたと考えられる。「右みち多度みち」の書体や彫りの深さと若干の違いが見られる。

-

-

この美濃街道を多度道と称する人もいるが、正確には美濃街道が途中で多度道に分かれたものである。桑名は揖斐・長良・木曽の三大河川の河口に位置するため、上流の美濃地方と水運による交易が盛んであった。
福島縄手を行く街道は、すぐに国道1号線と重なり、住宅や商店、小工場などの市街地が続くが、天正時代までは一面に田が広がる道があったが昭和7年に国道が出来てから町並みを形成するようになっていった。その国道も1キロ足らずで東へ分かれていき、街道は国道258号の西側を養老鉄道線に進む。

-

-

桑名市の多度町戸津は、古い町並みがよく残っており、、代々庄屋を務めていた西田家の長屋門と堀は風情漂う。戸津から多度川を渡って西に200メートルほど進んだ三叉路には、多度大社に参詣する人のための道標があり、東側には「すぐ多度道」と刻まれ、西側には多度大社からの帰路を示す「右つしま左ミの道」と刻まれている。

信達宿本陣跡

紀州街道は古くは熊野街道とも呼ばれ、信達宿はおよそ900年前頃より、熊野詣で賑わっていました。特に市場村は、白河上皇以降、歴代上皇の宿舎が置かれたところから信達荘御所村とも呼ばれていました。後鳥羽上皇が熊野詣をされた建仁元年(1201)十月、お供の歌人、藤原定家の日記「後鳥羽院熊野行幸記」にも、往きの七日、帰りの二十四日、信達宿に宿泊したという一文があります。

-

紀州公は、参勤交代の折には、約1500人の供を連れ和歌山城を出立し、雄ノ山峠を越え、山中宿で昼休憩をとり、信達宿を目指しました。当時、山中宿の先には、琵琶ケ崖という、街道一の難所があり、そこは十数メートル下に山中川が流れる、断崖絶壁の細道でその昔、琵琶法師が、足を踏み外して谷に落ち、それ以来、琵琶の音が、谷底から不気味に聞こえてくる為その名がついています。

-

-

江戸時代になり、徳川幕府により、伝馬宿駅制度が整備されて参勤交代制度が確立されると主要な宿場に本陣と人馬問屋が置かれました。本陣とは元は戦の時に大将が詰める本営の事でしたが、以後は大名、公家、幕府の役人、僧侶等の貴人の宿舎となりました。五街道の主要な宿場には、宿泊本陣が置かれ他に休息専用の本陣もありました。脇街道の紀州街道は、信達宿市場村と貝狃百蠕寺に宿泊本陣が山中宿と助松宿に休憩本陣があり、千坪以上の屋敷地に御成門、式台玄関、上段の間等の格式を備えた建物がありました。

-

-

敷地は間口二十七間、奥行き三十九間で、千四十三坪あり、建坪も二百五十坪ありました。江戸時代は除地(官地)とされ、年貢は免除されていました。長屋門は当時(江戸時代)のままですが主屋は明治23年に建て直されています。

信達宿の常夜灯

ここは紀州街道と信長街道が交差しているところで、信長街道の起点にもなっています。常夜灯は交通の要衝に建っています。

-

常夜灯の右側(南側)には、正面に両皇太神宮、右側面に文政十三寅年(1830年)三月吉日、左側面に金比羅大権現、裏面に願主、村中御蔭連中と書かれています。
文政13年は「文政のお蔭参り」の年に当たり、全国から430万人もの人々が伊勢神宮に参拝しました。願主 村中 御蔭連中とあることから、当時の市場村からもかなりの人数が伊勢参りをしたことが推察でき、この常夜灯は村人の伊勢参宮での道中の安全を祈願する為に建てられたものと考えられます。
中央は、正面に太神宮、右側面に寛政二庚戌(かのえいぬ)年(1790年)正月吉日とあります。左は正面に、奉献、両神宮とあり、右側面には文化十二乙亥(きのとい)(1815年)五月とあります。

-

これらの常夜灯は、江戸時代から平成4年まで約200年間、両宮常夜灯講の人々によって守られ、もともと常夜灯というのは、灯りがなかった街道筋に建てられ、旅人の安全を見守ると同時に宿場の目印でもありました。それが、街灯が整備された平成まで続いたということは驚くべきことです。電気による自動点灯式になりましたが、今でも常夜灯の役目を果たしています。

野田ふじ(信達宿)

熊野街道信達宿にある梶本家の野田藤は、1本の木に4万の花房をつけるといわれ、毎年4月中旬〜下旬の見頃に開催される「ふじまつり」には、大阪府泉南市の春の風物詩のひとつともなっています。

-

まつり期間中は、観賞台が設置され、藤棚を上から眺めることができます。眼下に紫の雲海が広がる様子は圧巻です。夕刻からは藤棚のライトアップも行われます。また、熊野街道沿いには、「熊野街道花あかり」としてランタンが設置され、灯りをたどりながら夕べの散策を楽しむことができます。

-

-

期間中のイベント開催日には、ふじまつり会場でミニコンサートなどが行われたり、紀州家ゆかりの信達宿本陣跡「角谷家」、新家にある国登録有形文化財「山田家」も特別公開される予定です。

-

     この藤を訪ねる人に安らぎを
               去りゆく人に幸せを

長野宿(伊賀街道)

津と伊賀上野を結ぶ藤堂藩の官道であった伊賀街道の中間の宿場で、藩士や旅人で賑わった。近くには戦国時代まで長野城があった。
長野峠の傍らには氷田があり藩に氷を納めていた。

-

-

-

-

津駅から長野まで路線バスで約50分かかるが意外と退屈しない。近鉄の津新町駅前から乗れば近道だが特急は止まらない。

伊賀街道

伊勢国と伊賀国にまたがる伊賀街道は、津から橡(とち)ノ木峠とも呼ばれた長野峠を越えて上野に至る全長約12里の街道で、伊勢・伊賀二国の大名藤堂高虎の移封後、津(本城)と上野(支城)をむすぶ最も重要な官道として整備された街道である。

-

この道は上野経由で伊勢に向かう参宮客だけでなく、津方面から水産物や塩が、伊賀方面から種油や綿などが運ばれた伊賀・伊勢両国の経済・生活の大動脈としての役割も担っていた。

-

伊勢街道

伊勢街道は参宮街道とも、日永の追分(四日市)で東海道から分かれ、神戸、白子、上野、津、松坂、小俣、山田を通って伊勢神宮の内宮へ至る19里18町(約76辧砲粒稿擦任△襦

-

伊勢に向かう街道は、都が奈良にあった時代は宇陀−名張−青山峠−伊勢というルートが一般的であった。
しかし、都が京に移ってからは鈴鹿峠を通るルートが開かれ、これが東海道として発達した。これによって、京から伊勢のルートも鈴鹿峠を通ってから南下するのが主流となった。
中世から始まる庶民の伊勢信仰によって伊勢へ向かう人の数は増え、さらに江戸時代の街道の整備・発達や御蔭参りの流行によって一層賑わった。

下田街道

下田街道は、東海道、三島宿の三島大社を起点に、伊豆の国市韮山・大仁・伊豆市湯ヶ島を通り、天城峠を越えて河津町梨本に至り、更に小鍋峠を越え、下田市箕作・河内を経て下田に至る通計十七里十四町二十一歩の口伊豆(北伊豆)と奥伊豆(南伊豆)とを結ぶ幹線道路であった。江戸時代には下田路と呼ばれた。

-

天城山が伊豆を南北に分断し、北伊豆から隔てられた南伊豆では物資の輸送は海運に依存していたため、陸上路である三島−下田間の下田街道の整備・発達はかなり遅れたと考えられている。人馬の継立場が史料面から確認できたのは江戸中期の1742年(寛保2年)である。江戸幕府成立後、大半が天領だった伊豆国だが、1697年(元禄10年)を境に旗本領が増加し、のちに沼津藩領、掛川藩領、小田原藩領が各地に置かれたことから、江戸中期頃から通行が増加し、継立場が設置されたと考えられる。 幕末、通行人の数が増大し盛況を呈したが、沿線の村々には人場継立等の負担が重くのしかかり、明治時代に至っても多大な借入金に苦しんだ。大正から昭和初期に入っても、下田街道は人の往来が主であり、物資輸送は海運が中心であった。

-

川留め(大井川)

川留め文化
川越しや川留めにまつわる物語や数多くの俳句が残されている。物語では、十返舎一九の「東海道中膝栗毛」に弥次・喜多が川越賃を値切ったりしながらやっとの思いで越す話がある。
また、浄瑠璃「朝顔日記」では、恋する人を慕って流浪する盲目の娘深雪が大井川のほとりで、川留めの悲運に泣くが、其の時、奇跡的に目が治るくだりがあり、当時江戸で大評判となった。このことから大井川河畔の松を「朝顔の松」と名付けた。

大井川

-

朝顔の松公園には、厳谷小波の「爪音は松に聞けとや春の風」や田中波月の「稗しごくとこぼれ太陽のふところに」の句碑がある。

-

-

川越賃銭(大井川)

大井川を渡るには、川札(川越札・油紙ともいい、人足一人を雇うために札一枚が必要)を川会所で買い、川越人足に手渡してから人足の肩や連台に乗り川を越した。
川札の値段は、毎朝、待川越が水の深さと川幅を測って定めた。水深は股通や乳通と呼び、股通の場合は川札1枚が四十八文であった。また、大井川の常水は帯通二尺五寸(約76僉砲如∀督婿夕楔淦(約136僉砲魃曚垢叛醂韻瓩砲覆辰拭

現在の大井川

-

-

島田市博物館

-

備考
   川越に必要な川札の枚数は、
   肩車 川越人足の肩に跨がって越した。川札は1枚、常水以上は手張(補助者)1人がつくので川
                     札が2枚必要だった。
   連台越し 平連台(並連台) 一人乗りの場合、担ぎ手4人で川札4枚と台札(川札の2枚分)の計
                     6枚
                     二人乗りの場合、担ぎ手6人で川札6枚と台札(川札の2枚分)の計
                     8枚
          半高欄連台(半手すり2本棒)
                     担ぎ手は、並連台と同じ4人で4枚と台札(川札4枚分)の計8枚
          中高欄連台(四方手すり2本棒)
                     担ぎ手10人、手張2人、台札(川札の24枚分)の計36枚
          大高欄連台(四方手すり4本棒)
                      担ぎ手16人、手張4人に台札(川札の32枚分)の計52枚
記事検索
おきてがみ
web拍手
Archives
メール
  • ライブドアブログ