知音の旅人

誰人であっても誕生と同時に 人生と云う旅に出て 目標に辿り着こうとする旅人である

街道

仲間の宿

荷縄屋
荷くずれした荷物をなおしたり、荷連台や馬に荷をくくりつける時に使用する縄を主として用立てたところです。
その他、草鞋や笠も売っていたといわれる。

-

仲間の宿
主に年をとった川越人足たちの集まった宿です。ここは、人足たちの仕事上の意見交換や、各組同士の親睦の場として使用されたと伝えられる。

-

-

権三わらじ
江戸時代、川越人足が川越しの際、履いたわらじです。川底は滑りやすく渡る際の履き物には最適とされましたが、旅人が履いた道中わらじと異なり、わらじの縁にひもを通す作りになっています。これは川を越える途中でわらじに小石や砂利などが挟まっても、手を使わずに取り除くための工夫です。

-

三番宿

川越人足がふだん詰めていた待機所です。川越人足は10組に分けられ各組が一つの番宿に詰めました。各番宿には連台5丁が備えてあったと考えられています。
川越は各組が輪番制であたりましたが、当番ではない組の人足のそれぞれの番宿で50人ほど待機していました。

-

-

「川越人足」
大井川の川越しに従事した人足たちで、15歳以上50歳以下の屈強な男が勤めました。川越人足の数は、江戸時代の元禄年間は150人程度でしたが、その後、増員され、江戸時代の終わりには約650人に達したと考えられています。
当時の大井川は水量も豊富で素人に務まる仕事ではありませんでした。川越人足になるためには12〜13歳頃から見習いとして、弁当や薪、炭を運ぶなど雑用から始めました。15歳以上になると川越しに従事しましたが、最初は川を渡ることもできず、何年も訓練を重ねた後に川庄屋から採用が伝えられました。

文政9年(1826)に大井川の川越しを経験したドイツの医師シーボルトは、急流を楽々と越す川越人足をその手記のなかで「半人半漁の男たち」と評しています。
金屋宿側にも川越人足がおり、互いに往きは客を運びますが、原則として帰りは自分たちだけで越えました。これは川越人足の共存を図ると共に、人命を預かる重要な仕事なので過重労働にならないようにとの配慮があったと考えられています。

口取宿

大井川川越し人足の定年は45歳でしたが、なお、仕事を希望する者には口取宿に詰めさせました。
彼らは川越しする人や荷物を各組に公平に割り当てたり、現役へのアドバイスや番宿間の連絡、忙しい時の手助けをしました。

-

上段の間(塚本家)

「上段の間」とは、奥の一室が座敷より一段(約20僉帽發なっていて、身分の高い人をお迎えする特別な部屋のことで、江戸時代、大名や公家などの宿泊する本陣には必ず備えられていました。

-

塚本家に伝わる文書によると、九州肥前(長崎県)で古い家柄を持つ大名、大村藩(二万七千九百石余)によって建てられた家です。大村藩の参勤交代や大村藩とゆかりのある諸大名や武家が、大井川を渡るときに、特別の便宜をはかり、川越しの準備や手続きを代行しました。
その間、大名を座敷の上段の間にお通しして接待し、休憩や昼食をとったことが伝えられています。なお、宿泊は、定められた宿場の宿泊施設以外では原則禁じられていましたので、大名は島田宿内の本陣に泊まりました。建物はその後、修理や改築の手が加わっていますが、基礎や上段の間には当時の様子が残されています。
塚本家歴代の主人の多くは「三太郎」を名乗り、家系の記録では、元禄まで遡りますが、川越し場が開設された当時からの旧家と推察されます。

升形跡(宿西入口)

宿場の出入り口には、「見付」と呼ばれた施設があり、もともとは城門の見張り施設のことを言いました。宿場の見付は、上に柵や竹矢来を設けた石垣や土手で、街道の直角や鉤の手に区画したり、または三方をコの字型に囲った桝形の見付もありました。

-

島田宿の西入口は、川沿いに土手で囲い、東側は正覚寺入口の小路で囲った、例の少ない升形の見付が設けられていました。
ここに宿場の番人を置いたという記録はありませんので、宿場の境界として設けられ、本陣の主人や町方の役人が大名行列の送り迎えをした場所とされている。

藤川宿脇本陣

「脇本陣」は江戸時代「本陣」の補助的な役割として設けられた宿舎で、「本陣」に空きが無い時には本陣に準じて用いられていた。

-


-

脇本陣を営むことができたのは、本陣家に次ぐ名望家で、江戸時代後期に営んでいたのは「大西喜太夫」で「橘屋」と呼ばれていた。
入口の門構えは、一般の家では構えることは許されず「本陣」「脇本陣」だけに許された。藤川宿はそれまで度重なる大火に見舞われているので現在残っている藤川宿内では古い遺構である。

-

明治になって宿場の制度が廃止となり、その後、藤川村役場として使われ、現在は藤川宿資料館となっている。

西棒鼻

「棒鼻(ぼうはな)」とは、棒の端、すなわち棒の先端をいい、それが転じて、宿場のはずれを「棒鼻」と称し、したがって宿場町では、東、西の両方のはずれを言う。

-

藤川に再現された棒鼻は、歌川広重が描いた東海道五十三次・藤川宿の浮世絵「棒鼻ノ図」を参考にして復元した「修景・棒鼻」である。牓示杭(ぼうじぐい)(境界を示す杭)と宿囲石垣が、その景観を際立たせている。

問屋場跡(藤川宿)

藤川宿の問屋場は、宇中町北にあった。問屋場は宿場町では最も中心となった場所で、人馬の継ぎ立て(伝馬)、書状の逓送(飛脚)などの業務を行うところが「問屋場」であった。藤川宿ではここを御伝馬所」とも称していた。

-

この問屋場については記録によると、
一、人馬継問屋場   一ヶ所   宇中町
     問屋      弐人     年寄    五人
     帳付      四人     飛脚番   六人
     人馬差     六人     小使    六人   とある。

-

また当初の問屋場は、問屋場役人の問屋場役人の屋敷の一部を使用していたようだが、江戸時代中頃に現在地に専用の建物を設けて事務に当たったという。明治五年七月、伝馬制廃止後は閉鎖され、その役割を終えた。

高札場(藤川宿)

高札場は、法令等を記載した高札を、関所などの交通の要所や人々が活発に出入りする市場などの掲げ民衆に周知させるための場所として設置されていました。宿場にも設置され、各宿場の距離を測定する基点ともされていました。
代表的な高札としては、寛文元年(1661)や正徳元年(1711)のものが挙げられます。藤川宿の高札は6枚現存しており、その全てが正徳元年のもので、岡崎市の文化財に指定されています。

-

多くの人が目にする高札場は幕府の権威を示すものでもあったため、移転や消えてしまった文字や墨入れにも許可が必要でした。そのため、幕府や藩により「高札番」という役職が設けられ厳しく管理を行っていました。

藤川宿駒曳朱印状

-

藤川宿本陣跡

東海道と藤川宿
慶長5年(1600)、関ヶ原の戦いに勝利した徳川家康は、翌慶長6年、東海道の集落に「伝馬(駒曳)朱印状」を下付して「宿駅」を指定するとともに、公用の旅行者のために「伝馬」三六疋を用意することを命じ、その代償として地子(地代)を免除しました。
これが近世宿駅制度の始まりです。慶長9年からは幕府の命により、日本橋を基点とした五街道の整備が開始されました。
慶長6年に整備された藤川の宿は、品川宿から数えて37番目の宿駅でした。

-

本陣跡
宿場にはさまざまな施設がありました。中でも中心となるのは、人々を休泊させる本陣、脇本陣、旅籠屋、茶屋などの休泊施設と隣の宿場から運ばれてきた公用の荷物や通信物を次の宿場に送るという継ぎ送り業務を行う問屋場でした。本陣、脇本陣は大名や公家、公用で旅をする幕府の役人といった上流階級の客を休泊させ、一般の旅行者は旅籠屋、茶屋などに休泊しました。
藤川宿には当初二軒の本陣があり、一番本陣、二番本陣として本陣、脇本陣としての役割を果たしていました。しかし、藤川宿は東海道の中でも規模の小さい宿であったこと、西隣の岡崎宿が栄えていたことから、ここに宿泊する旅行者は少なく、本陣、脇本陣の経営は厳しいものでした。

本陣の間取り図によると、建物は街道沿いに建ち、敷地の北側は畑になっていました。井戸は二ヶ所あり、中庭に面した座敷がありました。北側の畑を囲っていた石垣は現在も残されており、北の山々を山の眺望は江戸時代のままです。本陣の規模としては大きなものではありませんでしたが、藤川宿の中では一番の格式を誇っていました。

-

藤川宿
中世における藤川の集落は山網川の北岸にあったとされ、戦国時代末期に現在地に移った新しい集落であることが文献資料から推定されます。
東海道の交通量の増加に伴い、寛永15年(1638)に幕府から常備人馬の増加(人足100人、馬100疋)を命じられた際には、宿は困窮しており、これに応じることができないほどの状態であったといいます。
そのため、慶安元年(1648)、代官の鳥山牛之助により、藤川宿を補強するために山中郷市場村68戸を藤川宿東隣に移住させる加宿措置がとられましたが、藤川宿の負担は重いものでした。

-

天保14年(1843)「宿村大概帳」の記録によると、藤川宿の総人口は1213人、家数は302軒となています。これは、東海道五十三次の中では小さな宿場の部類に入ります。しかし、藤川宿には本陣、脇本陣、問屋場、高札場、棒鼻などの施設もあり、宿駅としての務めを十分に果たすものとなっていました。
記事検索
おきてがみ
blogram
blogramによるブログ分析
足あとを残せます。
後ほど訪問致します☆
Archives
  • ライブドアブログ