知音の旅人

誰人であっても誕生と同時に 人生と云う旅に出て 目標に辿り着こうとする旅人である

旅行

八丁蔵通り

八丁味噌(愛知県岡崎)
大豆そのものを麴化して塩と水だけを加えて熟成する豆味噌は、三河・尾張地方特有のもので、独特の風味を持ち、岡崎を代表する名産である。

-

岡崎城から八丁(約870メートル)離れていたことからその名がついた八丁村(現在の八帖町)は岡崎の名物、八丁味噌の生産地。昔と変わらず現在でも、2軒の蔵元が八丁味噌を造っており、見事な蔵屋敷が並ぶ狭い路地には昔の風情が残っています。

-

-

矢作川沿いであるという立地条件から、原料の大豆・塩などの仕入れが便利で製品の出荷にも舟運が利用でき、矢作川の伏流水が醸造によくて、また、気候及び風土にも適していると云われる。
江戸時代以降、早川家と大田家の二軒が製造販売する「八丁味噌」は特に有名となり、地元周辺だけでなく江戸にも多く積み出され、現在も両家は「カクキュー」、「まるや」の商号で製造を続けている。

-

「摺ってよし、摺らずなおよし、生でよし、煮れば特よし、焼いて又よし」といわれる八丁味噌は、三河武士・農民・町人たちの常食・兵食として親しまれ一日も欠くことのできない食品でありました。また、天正十八年(1590)、徳川家康の関東移封により、三河譜代の大名、旗本によって全国的にその名が知られ需要が高まり、矢作川の舟運や江戸廻船の発達に伴い三河木綿の運搬との相乗関係によって、伊勢・江戸を中心に販路が進展拡充しました。
それが「ふるさとへ まめを知らせの 旅づとは 岡崎(八丁)味噌の なれて送る荷」という吉田松陰の詠歌となり、「今日も亦 雨かとひとりごちながら 三河味噌あぶりて喰うも」という斎藤茂吉の短歌などに記され、江戸時代以来、岡崎城下の名産として称賛されてきました。

-

-

室井滋さん
                                             
-
                                  NHKの朝の連続ドラマ、 「純情きらり」が八丁味噌の蔵元が舞台となり、 八丁蔵通りには、ヒロイン有森桜子役を演じた宮崎あおいさんの手形の碑があります。

                                    -

観光案内所

観光案内所は駅に設置されている場合が多い。初めて行く所は観光案内所で地図を貰ったり交通手段を聞くのが間違いない。
車で行っていた頃は、下調べが十分でなかった時は一泊の予定で行っても伊豆下田や鎌倉から日帰りを余儀なくされたこともあった。睡眠不足疑いなく危険極まりない。

-

知音の旅人

当ブログ「知音の旅人」は2007年1月1日から始めて本日で丸10年となりました。

-

これまでの投稿数3182、

飛騨高山から古川へ

飛騨高山から古川を歩いてきました。
高山は4度目になるが古川は初めて、何時もどんな所か想像するが期待を裏切ることが多い。

 高山駅

-

 
 野麦峠

-

飛騨撮影旅行

飛騨高山から古川辺りを旅します。

-

8月に集中豪雨があったので延期していましたが15日〜16日に撮影旅行にでかけます。

美観地区(岡山県倉敷)

大原美術館を鑑賞したあと、食事を済ませ美観地区を散策しました。

-

-

-

美観地区景観条例に基づき定められたもので、本町全域、中央1丁目北部、東町・阿知2丁目・鶴形2丁目の各一部が含まれる。伝統的建造物群保存地区(第一種美観地区)と伝統美観保存地区(第二種美観地区)からなる。伝統的建造物群保存地区(倉敷川周辺)は倉敷川畔伝統的建造物群保存地区の名称で国の重要伝統的建造物群保存地区として選定されている

-

-

江戸時代初期の寛永19年(1642)、江戸幕府の天領に定められた際に倉敷代官所がに設けられ、以来備中国南部の物資の集散地として発展した歴史を持つ。倉敷川の畔から鶴形山南側の街道一帯に白壁なまこ壁の屋敷や蔵が並び、天領時代の町並みをよく残している。

-

備中松山城武家屋敷(石火矢町)

武家屋敷(旧埴原家)
江戸時代中期から後期にかけて、120石から150石取りで近習役や番頭役などを勤めた武士の住宅、
江戸中期の平屋建て、桟瓦葺き、箕甲・入母屋造りで大ぶりな三ッ花懸魚を取り付け、玄関には幅二間の式台を設け、玄関の間の正面には一間半の棚を設けている。

-

玄関

-

内玄関
台所は、この内玄関を入った所にあり、その隣が居間となっている。

-

十二畳の座敷には本床造り、違い棚に天袋、付書院には火燈窓(花頭窓)が付けられ、柱は贅沢な数寄屋風の面皮柱を使っている。

-

奥座敷

-
-

-

-

-

-

松山城下の武家屋敷としては寺院建築や数寄屋風の要素を取り入れた珍しい造りとなっている。

備中松山城武家屋敷(石火矢町)

今から300年前に水谷勝宗が小松山に城を築いて以来、明治維新まで城下町としてこの地方の政治、経済、文化の中心地として栄えてきました。
現在も石火矢町一帯は城下町の町割りや土塀をめぐらした武家屋敷が残っています。

-

旧折井家
この建物は、今から180年前天保年間に建てられたもので、200石前後の武士が住んでいたと言われている。
母屋と長屋門からなり、母屋は書院造り、中庭の池や庭石、踏み石などはほぼ昔のままです。

-

玄関を上がると面を上げた。丁寧なご挨拶ありがとうございます。ビックリした 動くとは思っていなかった。

-

奥座敷

-

-

居間

-

台所

-

-

風呂は母屋裏に設置されており、雪隠は奥座敷裏の廊下横にある。馬屋や仲間部屋は長屋門にある。

大原美術館

倉敷で一泊して大原美術館に行ってきました。

美術館は広く、本館、分館、工芸・東洋館と倉敷アイピースクエア内に児島虎次郎記念館がある。
残念ながら空腹のため児島虎次郎記念館をすっかり忘れてしまった。

-

本館
エル・グレコと西洋近現代の絵画と彫刻を展示、クロード・モネやパブロ・ピカソもあった。

大原美術館は、1939年(昭和5)に画家の児島虎次郎(1881〜1929)の業績を記念するために大原孫三郎が創設したもので、大原は倉敷紡績などを経営する実業家であるとともに数多くの非営利で公益性の高い事業を手がけましたとある。

-

工芸・東洋館
工芸館は、日本民藝運動に関わる濱田庄司、バーナード・リーチ、富本憲吉、河井寛次郎、棟方志功など、東洋館には、中国古美術品が展示されてている。

-

-

遊心亭

-

-

分館
日本の近代洋画から現代活躍する作家達の作品を展示、

-

-

エル・グレコ展は国立国際美術館で鑑賞した。わたしはグレコも好きだがクロード・モネとピエール・ルノワールが好きだ。


大山名人記念館
倉敷美観地区から少し歩いたら大山名人記念館がある。
残念ながら休館日だった。

-


岡山県浅口郡西阿知町(倉敷市西阿知町)に生まれた大山康晴は、その才能を認められ昭和10年十一歳の時に大阪の木見金治郎九段に入門し、たゆまぬ努力と研鑽を重ね29歳で名人位を獲得、以後、全タイトルを独占しA級現役棋士として初めて「「15世名人位」を襲名するなど、名実ともに「将棋界の大山」の地位を確固たるものとしてきたとある。

-

城下町小路

菊屋小路
江戸時代末期に醤油屋を営んでいた商家の屋号が菊屋だったことから隣接する小路に菊屋の名前を冠して呼んでいました。

菊屋小路

阿蘇屋小路
同じく、小間物屋を営んでいた商家の屋号が阿蘇屋だったことから阿蘇屋小路と呼ばれていました。

阿蘇屋小路

蔦屋小路
同じく、肴屋を営んでいた商家の屋号が蔦屋だったことから蔦屋小路と呼ばれていました。

蔦屋小路

その他に、本町、下町、南町には、佐福屋小路、近江屋小路、柿屋小路、お亀小路、鍵屋小路、いなり小路、風呂屋小路、夷小路がある。


備中高梁松山おどり
岡山県三大踊りとして、毎年8月14日から3日にわたって高梁の街を踊り一色で塗りつぶす松山踊りは、遠く慶安元年(1648)、時の松山藩主水谷勝隆が五穀豊穣を祈ると共に城下の繁栄を祝ったことが始まりと伝えられているようです。
その盛大さは県下最大規模と言われています。

 備中高梁 松山踊り <ヨーイ ショ> 月の絵になる お城の矢場で ちょいと小粋な姉さん冠りかけたたすきは夜目にも紅い 
記事検索
おきてがみ
blogram
blogramによるブログ分析
足あとを残せます。
後ほど訪問致します☆
Archives
  • ライブドアブログ