知音の旅人

誰人であっても誕生と同時に 人生と云う旅に出て 目標に辿り着こうとする旅人である

植物

月下美人

11輪の花芽があったが最初の開花が6月21日だった。そして2輪の花芽が大きくなって他の花芽は消えてしまった。

-

これら2輪の花芽の開花は7月4〜5日夜に(7月3日に撮影)になるだろう。

-

-

ハルオコシ

半八重咲きの白い花びらの周りに、緑色の花びらのような形をしたがく片と総苞葉がつき、白と緑の2色咲きの花のように見えます。花が開くまでの変化も見ていて楽しい花です。ヨーロッパ原産のヤブイチゲの八重咲き品種で、半日陰を好むので、シェードガーデンなどに向きます。

-


学名 Anemone nemorosa ‘bractea plena’
分類 キンポウゲ科イチリンソウ属
開花期 4〜6月
高さ 8〜15センチ
耐寒性 強い

ノウゼンカズラ

中国に自生する花木で、日本でも平安時代から栽培されていたノウゼンカズラ、気根と呼ばれる地上に現われる根を生やし、壁やフェンスをはうようにして伸びていきます。初夏には南国をオレンジ色の花を咲かせます。日当たりと水はけがよい場所で育てます。

-


特性・落葉性、つる性、開花期が長く耐寒性が強い。

ティアレラ:ハッピートレイル

枝が伸びて垂れるタイプのティアレラ。葉は丸みを帯びた切れ葉型で小さく、黒い斑が葉脈に沿って入ります。花茎が伸びた先にホワイトの花が咲きます。

-


タイプ:ユキノシタ科ズダヤクシュ属の耐寒性常緑多年草
開花期:晩春〜初夏
用途:花壇、鉢植え、切り花、グランドカバー、シェードガーデン、コンテナ、ハンギングバスケットなど
日照:日なた〜半日陰
生育環境;秋から春までは直射日光で大丈夫ですが、5月中旬頃〜9月頃は半日陰(シェードガーデン)で、
耐寒性:マイナス15度位

斑入りツボサンゴ

ムベ(アケビ科ムベ属)
本州関東以西、台湾、中国に生える。柄のある3〜7枚の小葉からなる掌状複葉。小葉の葉身は厚い革質で、深緑で艶があり、裏側はやや色が薄い。裏面には、特徴的な網状の葉脈を見ることが出来る。
花期は5月、花には雌雄があり、芳香を発し、花冠は薄い黄色で細長く、剥いたバナナの皮のようでアケビの花とは趣が異なる。

-

フランシスウィリアムズ(キボウシ) キジカクシ科

-

斑入りツボサンゴ(ユキノシタ科ツボサンゴ属)
葉の縁がややフリル状になり、緑色のエッジが入ります。葉色は全体的に白っぽい感じで、不規則に緑の霜降り状の斑が入り、冬季は全体的に緑色っぽくなります。地域にもよるが、毎年4〜6月頃に紅い花を立ち上げ開花します。

-

ホタルブクロ

ホタルブクロ(キキョウ科ホタルブクロ属)   別名 チョウチンバナ(提灯花) ツリガネソウ(釣鐘草) 

-

備考
初夏に大きな釣り鐘状の花を咲かせる。花色には赤紫のものと白とがあり、関東では赤紫が、関西では白が多い。子どもが袋のような花にホタルを入れて遊んだことに由来する。

サラセニア

形態(多年草) 原産地(アメリカ南部・東部〜カナダ) 草丈(15〜80僉法ヽ花期(3〜5月)

-

サラセニアは北アメリカ原産の食虫植物で、筒状の葉がお酒を入れる瓶子(へいし)に似ることからヘイシソウ(瓶子草)の和名があります。
春と秋に伸びる筒状の捕虫葉(瓶子葉)の表面には蜜腺があり、昆虫などをおびき寄せます。筒の内側はすべりやすく、しかも毛が下向きに逆立って生えていて、一度筒に入った獲物は上って出られないような仕組みになっています。筒の底部からは消化酵素を含む液が分泌されていて、栄養分が消化吸収されます。夏の間に伸びる葉は、多くの種類では筒状にはふくらまず平たいままで、剣葉と呼ばれます。

春には不思議な形をした花を下向きに咲かせますが、虫に花粉を運んでもらう必要があるため、花は虫を捕らえることはありません。

-

月下美人

月下美人の花芽が大きくなってきた。もうすぐ頭を持ち上げてくるだろう。(写真は昨日撮影)

-

-

この月下美人は親株から挿し木したもの、昨年は6月26日に1輪が開花した。今年はこの花芽を含めて11輪の花芽がついている。

-

ロウバイ

ロウバイ(蝋梅、蠟梅、臘梅、唐梅(カラウメ)、は、クスノキ目・ロウバイ科・ロウバイ属に属する広葉の落葉低木の一つで、早生種では12月頃に、晩生種でも2月にかけて半透明でにぶいツヤのある黄色く香り高い花がやや下を向いて咲く、名前に梅がついているためバラ科サクラ属と誤解されやすいが別属である。

-

唐の国から来たこともあり唐梅(カラウメ)とも呼ばれ、中国名も蝋梅であったことにちなむ。本草綱目によれば、半透明でにぶいツヤのある花びらがまるで蝋細工のようであり、且つ臘月(ろうげつ:旧暦12月)に咲くからこの名がついた。日本においてはロウバイは晩冬『小寒(1月6日頃)から立春の前日(2月3日頃)までの間』の季語とされている

-

百合の木

ユリノキ(木蓮科ユリノキ属)   別名 半纏木(はんてんぼく) 軍配の木

-

背丈は15メートル以上になり、5月頃、黄色い花を咲かせる。
記事検索
おきてがみ
blogramによるブログ分析
-
足あとを残せます。
後ほど訪問致します☆
Archives
  • ライブドアブログ