知音の旅人

誰人であっても誕生と同時に 人生と云う旅に出て 目標に辿り着こうとする旅人である

城(跡)

蟠龍櫓

桑名城には、元禄大火後に再建された時点で51の櫓があったと記録されている。このなかでも、川口にある七里の渡に面して建てられていた蟠龍櫓は東海道を行き交う人々が必ず目にする桑名のシンボルでした。
歌川広重の有名な浮世絵「東海道五十三次」でも、海上の名城と謳われた桑名を表すためにこの櫓を象徴的に描いています。
蟠龍櫓がいつ建てられたかは定かではありませんが、現在知られているうち最も古いとされる正保年間(1644〜48)作成の絵図にも既にその姿が描かれています。蟠龍の名が文献に初めて表れるのは、享和2年(1802)刊の「久波奈名所図絵」で七里の渡付近の様子を描いた場面です。この絵では単層入母屋造の櫓の上に「蟠龍瓦」と書かれており、櫓の形はともかく、この瓦の存在が人々に広く知られていたことを思わせます。

-

「蟠龍」とは、天に昇る前のうずくまった状態の龍のことです。龍は水を司る聖龍として中国では寺院や廟などの装飾モチーフとして広く用いています。蟠龍櫓についても航海の守護神としてここに据えられたものと考えられます。
文化3年(1806)刊の「絵本名物時雨蛤」という書物「臥龍の瓦は当御城門乾櫓上にあり、この瓦名作にして龍影水にうつる。ゆへに、海魚住ずといへり。」とあって、桑名の名物の一つにこの瓦を挙げています。

-

刻印石(桑名城跡)

桑名城跡の管理事務所東に「刻印石」が5つあります。城の石垣の石にはさまざまな模様や記号が刻まれています。
これを「刻印」といい、刻印は築城に係わった関係者による家紋、家印、符丁、石の産地などを示したものです。

-

-

刻印石は和歌山城や大坂城などでも見ることができます。

本多忠勝(徳川四天王・初代桑名藩主)

本多氏は古くから三河松平家に仕えた家柄であった。天文17年(1548)生まれの本多忠勝は6歳上の徳川(松平)家康の将として旗本の兵を束ね、大活躍を続けた武将である。
13歳で桶狭間の戦いに従軍してから53歳の関ヶ原の戦いに至るまで、主君家康の重要な戦いのほぼすべてに参加した忠勝は、のちの世になっては幕府の基礎を固めた人物として「徳川四天王(本多忠勝・酒井忠次・榊原康政・井伊直政」の一人に数えられる。

-

-

元亀1年(1570)徳川家康が織田信長に従い浅井・朝倉と戦った姉川の戦いでの勇猛果敢な突撃、また、元亀3年(1572)、武田信玄と戦った三方原の戦いでの奮闘ぶりが有名で、三方原では武田方から「家康に過ぎたるものが二つあり、唐の頭(家康の兜 中国から輸入されるヤクという動物の尾で飾られた)に本多平八(平八は忠勝の通称)と称賛されている。
さらに天正12年(1584)、羽柴(豊臣)秀吉と対決した小牧・長久手の戦いにおいては、秀吉の大軍をわずか500の小勢で挑発、その堂々たる態度は、のちの秀吉をして「西の立花宗茂、東の本多忠勝」「天下泰平になれば忠勝に若者たちの武道教育をさせよう」と嘆賞せしめた。

神戸櫓跡(桑名城跡)

戦国時代、この付近には伊藤武左衛門が治める東城があったとされる。織田信長の伊勢侵攻の時、伊藤氏は降伏し東城は廃されたものと考えられる。

-

文禄の頃(1592〜1596)、一柳直盛が城主となると城郭が築かれ、其の時伊勢神戸城(現在の鈴鹿市神戸)の天守閣を移したと云われている。
江戸時代、初代藩主本多忠勝は城を拡張し、本格的な近代城郭を築いたが、神戸城の天守閣は櫓としてそのまま残され「神戸櫓」と呼ばれた。

-

桑名城城壁

正面の堀川東岸(三の丸地内)の城壁は、桑名城城壁の一部で川口町揖斐川に面する川口樋門から南大手橋に至る延長約500メートルが現存し、市の文化財に指定されている。

-

積石の状態は乱積みで、野面はぎ、打込はぎの二方法によており、また刻印を刻んだ積石も多く見かけられる。片町に面したところには出隅、入隅があった。各所に堀川に向かって狭い通路が設けられているのは、明治以降、廃城になってから便宜上付けられたものと考えられる。
戦前までは南大手橋から京橋裏、それに三之丸立教小学校横まで堀川は続いていたが、終戦直後、またたく間に埋め立てられた。この城壁には老松が並木を作り枝は堀へ垂れ川水は満々と美しく、行き交う荷船で賑わった。

-

金剛山

9月25日(火)、金剛山へ登ってきました。といっても往復ロープウエイを利用しました。

金剛山ロープウエイ千早駅

-

金剛山駅

-

金剛山は、奈良県御所市と大阪府南河内郡千早赤阪村との境にある山。かつては高間山・高天山や葛城嶺といわれていた。金剛山地の主峰である。

標高1125メートル、最高地点は葛木岳といい、御所市の葛木神社の本殿の裏にあるが、神域となっており立ち入ることはできないため、国見城跡の広場が山頂扱いされている。

-

-

-

国見城跡

-

西鉄門虎口(津城)

西鉄門虎口

西の丸から本丸に至る入口で、土橋と桝形を組み合わせた虎口であった。桝形は外門の西黒門、内門の西鉄門からなり、西黒門の脇には二重の伊賀櫓を巡らせた厳重な構造であった。
土橋は両側に土塀を掛けた特異なもので、外側に桜門を設けることで、二重の桝形を構成していた。

-

-

 )楷檗
石垣が切れたところには埋門と呼ばれる門があった。周囲には丑寅三重櫓はじめ5つの櫓があって、多門櫓と呼ばれる渡り廊下のようなものでつながれていた。

◆\召隆檗
現在は日本庭園になっているが、昔は番所や倉庫があった。南西には玉櫓と外郭から入ると鍵の手に曲がった所に二階の櫓門があった。本丸との境には西の鉄門があり、土橋でつながっていた。

 東の丸
現在は商工会議所や公園になっているが、かつては小さなお宮さんがあったと言われている。

ぁ‘睨
本丸、西の丸、東の丸を取り囲んでいたが順次埋め立てられて現在は本丸と西の丸の周りに残っているのみである。

ァ‘鵑隆
内堀と外堀に囲まれたところで重臣の屋敷や藩政の中心機関があった。また周囲には12の小さな櫓が築かれ、北(京口御門)・西(伊賀口御門)・南(中島口御門)に門が設けられていた。
文政3年(1820)には、藩校有造館が置かれた。

Αヽ伊
城の内と外を区切る堀で、岩田川から水を取り入れていたため潮の干満で水面が上下した。

津城跡

津城は、織田信長の弟信包によって築城された。信包は信長が伊勢へ勢力を伸ばしてきた時、長野氏の養子に入った。天正八年(1580)には五層の天守閣が完成し、当時柳山付近が中心であった津の町から町屋や寺院が移され城下町が作られた。その後、富田氏が城主となり、慶長五年(1600)関ヶ原の戦いのとき西軍の攻撃を受け、城・城下町とも戦火を受けた。

-

慶長十三年(1608)、藤堂高虎が伊予今治から移ってくると、城に大改修加え城下町を整備した。本丸を広げ、石垣を高くして北側の石垣に角櫓を築き、堀も整備したが、天守閣は再建されなかった。津城は典型的な平城で堀が「回」の字形に二重に巡っている輪郭式または井郭式といわれる形の城である。

-

-

城下町は、城を中心に北・西・南側に武家屋敷、東側に町屋が置かれた。町はずれを通っていた伊勢街道を城下に引き入れ、町の発展を図った。また、堀川を堀り、東側の守りとしたが、物資の運搬にも利用され商業の発展に役立てられた。さらに堀川の外側には寺院を配置し万一の場合に備えた。

東鉄門桝形(津城跡)

津城本丸の東側に位置する虎口で、外門の東黒門、内門の東鉄門からなる桝形であった。両門の間で通路は右に折れ、周囲には多門櫓を巡らせた厳重な構造であった。

-

-

東黒門は上部を透かしとした門扉をもつ高麗門であり、東鉄門は鉄板張りの門扉をもつ櫓門であった。それぞれの門内に番所を設けて通行人を監視していた。

二の丸御殿の井戸

岡崎城大手門(実際の位置は七間門付近)

-

岡崎城二の丸御殿の井戸
この井戸は江戸時代の石組井戸で、二の丸御殿の絵図には建物の北東側に2基の井戸が表示されており、そのどちらかと考えられている。

-
記事検索
おきてがみ
web拍手
Archives
メール
  • ライブドアブログ