知音の旅人

誰人であっても誕生と同時に 人生と云う旅に出て 目標に辿り着こうとする旅人である

城(跡)

二の丸御殿の井戸

岡崎城大手門(実際の位置は七間門付近)

-

岡崎城二の丸御殿の井戸
この井戸は江戸時代の石組井戸で、二の丸御殿の絵図には建物の北東側に2基の井戸が表示されており、そのどちらかと考えられている。

-

岡崎城

岡崎城の起源は15世紀前半まで遡る。明大寺の地に西郷頼嗣によって築城されたのがそのはじまりである。その後、享禄4年(1531)に松平清康(家康の祖父)が現在の地に移して以来、ここが岡崎城と称されるようになった。

-

-

天文11年(1542)12月26日、徳川家康は岡崎城内で誕生し、6歳で織田信秀(織田信長の父)、8歳で今川義元の人質となり少年期を他国で過ごしたが、永禄3年(1560)桶狭間の合戦で、今川義元が戦死したことを契機に自立した。ときに19歳。以来、岡崎城を拠点に天下統一という偉業への基礎を固めた。

-

-

元亀元年(1570)家康は本拠を遠江浜松(静岡県浜松市)に移し、嫡男信康を岡崎城主とした。天正7年(1579)信康が自刀したあとは、重臣石川数正、ついで本多重次を城代とした。
天正18年(1590)に家康が豊臣秀吉によって関東に移されると、秀吉の家臣田中吉政が城主になるが、家康が江戸に幕府を開いてからは、譜代大名をここを守らせた。

-

-

江戸時代、岡崎城は「神君出生の城」として神聖視され、本多氏、水野氏、松平氏、本多氏と家格の高い譜代大名が城主となった。石高こそ5万石前後と少なかったが、大名は岡崎城主になることを誇りにしたと伝えられる。

-

明治維新を迎えると情勢は変わり、新しい時代には不要とされた城郭の大部分は明治6〜7年にかけて取り壊され、堀と石垣が昔日の面影をわずかに伝えるばかりとなった。

産湯の井戸

天文11年(1542)12月26日、徳川家康は岡崎城二の丸で生まれた。

-

この井戸の水を汲み、産湯に使用した。

-

沼津城本丸跡

三枚橋城と沼津城の本丸は沼津中央公園に位置していました。三枚橋城は、天正7年(1579)武田信玄の子勝頼が後北条氏の戸倉城に対抗して築城したものといわれ、関ヶ原合戦後の慶長6年((1601)には大久保治右衛門忠佐が城主となりました。
同18年、忠佐の死後世継ぎがなかったため大久保家は断絶となり、翌19年、三枚橋城は廃城となりました。

-

-

以後160余年の間当地に城はありませんでしたが、安永6年(1777)、後に老中となる水野忠友が沼津に城地を与えられ築城した。この沼津城は三枚橋城の北半分を利用して造られましたが、規模は三枚橋城と比べ小さなものでした。
慶応4年((1868)水野氏の菊間(現 千葉県市原市)転封の後、城の建物は沼津兵学校の施設として使われたが明治4年兵学校廃止後払い下げられ姿を消しました。

勝龍寺城跡(供

東辺土塁と多門櫓
本丸の東辺に築かれた土塁上の平坦面で二列の石垣が見つかり、その幅4メートルの間に北東隅の建物(隅櫓)とつながった長屋風の建物(櫓)があったと考えられる。このような構造の建物は多門櫓と呼ばれ、中に弓矢や槍、鉄砲、火薬などの武器が収められ、城外の敵を攻撃できるようになっていた。
また、土塁の斜面にはテラス状の平坦面をつくり井戸を設けていた。

-

北門跡
本丸の北西隅から北の出入口が見つかっている。この出入口を囲む土塁は高さ2メートル以上の石垣があり、立派な門が建てられていた。城内に入るには、堀を渡って第一の門をくぐり四角い形の広場に出る。突き当たりを左に折れ、第二の門を通り、やっと城内に入れる。これは攻め入る敵を土塁上から攻撃し、簡単に城内に入れない構造になっていた。
この門から明智光秀が逃げ出したといわれる。

-

沼田丸への通路
西辺土塁の中央部で、土塁の頂上にある平坦部を深さ1.5メートル掘りくぼめ、土塁が南北に分断されていた。この土塁斜面を発掘調査したところ、斜面は階段状に掘られ、二箇所で段差が見つかり、多量に石が埋まっていた。このことから、土塁の斜面に石を使って階段を造り土塁の頂上まで登り、沼田丸へ渡ったものとみられる。

-

勝龍寺城土塁・空堀跡

-

-























永禄11年(1568)に、足利義昭を奉じて織田信長が入京すると、それに従った細川藤孝(のちの幽斎)は、暫くして勝龍寺城に入りました。
藤孝は元亀2年(1571)に、信長の許可を得て勝龍寺城の改修を行い、ここに現存する土塁と空堀は、城下町を囲うように設けられた外郭線の一部で其の時の改修に伴うものと考えられています。

-

-

天正8年(1580)に藤孝は丹後へ移封となり、翌9年には織田信長の近臣である矢部家定と猪子高就が勝龍寺城の城代となります。天正10年の山崎の合戦では、明智光秀の軍勢が陣取りますが、その後、廃城となりました。

勝龍寺城跡

勝龍寺城跡は、南北朝時代に京都へ進出する南朝方に備えて、細川頼春が暦応二年(1339)に築いたと云われる。
城は京都南西部に位置し、西国街道と久我吸を同時に押さえうる交通の要所に築かれている。

-

-

応仁・文明の乱(1467〜1477)では、守護畠山義就(西軍)の乙訓地域の拠点となった。戦国時代になると織田信長からこの地域を与えられた細川藤孝(幽斎)が元亀二年(1571)に二重の堀と土塁をもつ立派な城に改修した。天正10年(1582)の山崎合戦では、明智光秀が城に入り羽柴秀吉(豊臣秀吉)との戦いに敗れ落城した。

-

-

-

この城は明智光秀の娘玉(細川ガラシャ)が16歳で藤孝の子忠興(16歳)のもとに嫁いだところで歴史とロマンスを秘めた城としても全国に知られている。

小田原城跡(大手門跡)

この場所は、江戸時代の小田原城の大手門があった所です。この門を入ると西側一帯は三の丸となり、道の両側に小田原藩の家老級の屋敷が並んでおりました。

-

-

それまで箱根口付近にあった大手門を、稲葉氏が城主であった寛永10年(1633)に、三代将軍徳川家光が京都に上るのに備えて、江戸に向く現在地に移し、大手門前までの道は将軍家が小田原城に入るための御成道として整備され、東の入口であった江戸口見附も現在の位置に移されました。
大手門の造りを元禄時代頃の絵図でみると、三の丸の堀に架かる土橋を渡ると外からの攻撃や敵の侵入を防ぐため、馬出と呼ばれる空間があり、さらに冠木門と呼ばれる門から桝形と呼ばれる四角い空間に入ります。この桝形は櫓門や石垣堀で囲われており厳重で立派な門であったことがわかります。

御茶壺曲輪跡(小田原城)

御茶壺曲輪は、箱根口から入る最初の曲輪で周囲を水堀で囲われていて、江戸時代には幕府御用の茶壺を宇治(京都)から江戸まで搬送する「茶壺道中」が行われ、小田原宿に宿泊する際に茶壺を収納した『御茶壺蔵』がこの曲輪内に設けられていた。

-

御茶壺曲輪跡から銅門を望む

-

小田原城址小峯橋(御茶壺橋)

この橋は本来木橋で、正式名称は「小峯橋」と言います。現在は石橋に架け替えられ「御茶壺橋」と言います。

-

-

「御茶壺橋」という名は、江戸時代に宇治(京都府)から将軍家に御茶を献上する際の御茶壺道中と呼ばれる行列に由来します。
行列は、往路は江戸から宇治まで東海道を通り、空の茶壺と購入代金が運ばれました。そして、御茶を詰めた復路の道中は、御茶が湿気ないように河川の少ない中仙道を通って江戸まで戻ったとされます。

-

小田原城には、この橋を渡った「御茶壺曲輪」に空の茶壺を保管する蔵があったことから、この橋が「御茶壺橋」と呼ばれるようになったと云われています。
記事検索
おきてがみ
blogram
blogramによるブログ分析
足あとを残せます。
後ほど訪問致します☆
Archives
  • ライブドアブログ