知音の旅人

誰人であっても誕生と同時に 人生と云う旅に出て 目標に辿り着こうとする旅人である

天誅組 を含む記事

幕末志士葬送の道

この道は霊鷲山正法寺の参道です。その境内に文化6年(1809)、地下(六位以下の貴族)の村上都が霊明社(現霊明神社)を創建しました。
徳川政府の宗鏡政策により、原則すべての国民が仏教徒とされていた時代に神道による葬式を始めたのです。
幕末期、3代目神主村上丹波都平のとき、神葬祭を進める長州毛利家などと縁ができ、在京志士の葬送・祭祀の地とされていきました。

-

文久3年(1863)7月29日、長州系志士である土佐の吉村虎太郎が、前日に亡くなった友人宮地宣蔵の埋葬・祭祀を依頼したり、元治元年(1864)3月4日、久坂義助(玄瑞)が、先祖の永代供養を任せたほか、同年6月7日、池田屋事件で亡くなった吉田稔麿らの遺体を長州屋敷が埋葬したことはほんの一例です。
-

慶応3年11月17日(1867年12月12日)夜、2日前に河原町蛸薬師の近江屋新助方で、京都見廻組の襲撃を受けた坂本龍馬・中岡慎太郎・龍馬の家来藤吉も霊明社に葬られました。彼らの遺体はこの道を通ったに相違ありません。

-

維新後は明治新政府の方針で、霊明社・村上氏の所有地の大半が没収(上知)され、創建まもない東山招魂社に譲られてしまいました。現在、龍馬らの墳墓がその後身である霊山護国神社の所有・管理とされているのは以上の理由によります。
長州志士や龍馬らの遺体が、もともとこの道を通って霊明社に託されたという歴史的事実を忘れてはなりません。
尚、背後の墓地には、もと「土佐高知藩神霊社」があり、東側の小高い部分(マンションの建っている地)には、大和国(奈良県)で挙兵・戦死した、前述の吉村虎太郎ら天誅組志士の墓がありましたが現在は霊山護国神社内に移されています。

天誅組志士幽閉の倉

龍神温泉から日高川沿いに下り、小又川沿いに左折れして進むと天誅組志士の幽閉の倉がある。

-

水郡(にごり)長雄ら一行八名が、この倉に幽閉されたのはわずか二日間でしたが、紀州藩の駐屯隊長吉本任をはじめ、部落の人々の厚いもてなしに感激した長雄は、自らの血でこの倉の柱に辞世の歌を書き遺しました。
     皇国のためにぞつくすまごころは
           神やしるらん 知る人ぞ知る  河州水郡長雄
  
(ここに書かれている辞世の歌は、柱から切り取られて保管されている血書を参考にして再現されている)

-

-

江戸時代末期の文久三年(1863)尊皇倒幕を志した天誅組は、前侍従中山忠光卿を擁立し、孝明天皇大和行幸の先駆けをしようと江戸幕府の五條代官所を襲ったが敗北した。その一員で水郡長雄を党首とする八名は、再挙を図るため十津川から紀州領の小又川まで逃れてきたが、里人から警備の堅固さを告げられ脱出の困難さを知り、文久三年九月二十二日この地の警備隊に自首した。彼らが京都に護送されるまでの間幽閉されたのが当地の百姓喜助の倉である。(この天誅組を幽閉した倉は、昭和39年の大雨で倒壊したのち、復元された)

龍神温泉発紀伊田辺駅へは16時15分発、17時33分着となっている。バスに乗るにはバス停から乗るものと思っていたらこの辺りは手を挙げれば止まってくれる。連休初日、駅から徒歩10分以内は満室だった。

綿弓塚(芭蕉旧跡)

竹内街道
推古天皇21年(613)に、難波と飛鳥京の間におかれた街道は、飛鳥時代にわが国最初の官道として栄え、大陸からの文物を大和飛鳥にもたらしました。
中・近世には、伊勢、長谷参詣が隆盛し、茶屋、旅籠が峠を行く人々の旅情を慰めました。竹内街道の風景には多くの文化人達が筆をとり、貞享5年に松尾芭蕉が河内に向かい、幕末嘉永6年に吉田松陰が竹内峠を経て儒者を訪ね、文久3年には天誅組の中山忠光等7名が志果たせぬままここに逃走しています。

-

この句碑は、「野ざらし紀行」に「綿弓や琵琶に慰む竹の奥」とあり、この時の好句を記念するため、芭蕉の歿後115年を経た、文化6年10月に建てられたものです。

-

この地は、芭蕉の門人千里の郷里で、芭蕉は貞享元年秋千里の案内でこの地に来り、数日間竹の内興善庵に滞在している。さらに元禄元年春再びこの地を訪れ、孝女伊麻に会って、その親を思う美しい心にこの上もなく感激し、「よろづのたつときも、伊麻を見るまでのことにこそあなれ」と友人に手紙を送っている。

-

俳聖芭蕉は貞享元年秋、元禄元年春その他数回当地を訪れたとおもわれ、数々の句文を残しています。

「里人は 稲に歌よむ 都かな」 「楽しさや 青田に涼む 水の音」 「世に匂ひ 梅花一枝の みそさざい」等、 

天誅組河内勢志士

国の重要文化財を見に行こうと大阪府富田林市川西へロードバイクで行ってきました。

社殿は、明治45年特別保護建造物、昭和8年に国宝の指定を受け、昭和25年国宝査定基準変更に伴い本殿と両摂社が重要文化財となったと書かれています。

-

錦織神社がある地域、富田林市宮甲田は古代律令制における河内国錦部郡最北端にあたり、錦を織る技術者の集落として、また、水の合流点栄え、かつてこの宮は錦部の一の宮といわれ「河内三水分」の一つとして称えられていました。

-

天誅組河内勢志士の顕彰碑

-

備考
文久3年8月17日、天誅組河内勢六十余人は中山忠光を盟主とし皇軍の先鋒として甲田水郡邸を出発し、同日長野三日市経て観心寺の後村上天皇陵を拝し、大楠公首塚の前で結盟を誓い千早峠を越えて大和に入り、五條代官を屠りてその所領を天朝直轄の御地御民と宣言し、倒幕の第一声を挙げた。
然るに翌18日、突如として京師に政変起こり、廟議一変し却て逆徒として追討せられることとなる。然れども少しも之に屈せず、至誠の必ず天朝に達することあるべきを確信し、兵を十津川郷に募り吉野の山野を血汐にそめて孤軍奮闘し遂に刀折れ矢尽きて、僅か40日にして9月24日、或いは鷲家口に戦死し、或いは紀州龍神に捕らえられて、翌元治元年7月20日京都に於いて斬首された。実に明治維新の魁として花と咲き花と散った人々である。

鈴木源内と五條代官所役人

文久三年(1863)八月十七日、天誅組に襲撃された五條代官所では当時の代官鈴木源内と代官所役人長谷川岱助、伊藤敬吾、黒澤儀助および不運にも居合わせた按摩師の嘉吉が殺害された。

後日、同じく代官所役人の木村祐治郎、高橋勇蔵も命を落とし、最終的に代官所役人の犠牲者は六人となった。

-

事件終息後、志に殉じた志士と同じく、幕末動乱の犠牲者となった代官所役人の菩提を弔うために誰とはなしに墓所が建立された。
墓所には、鈴木、長谷川、木村、高橋の四基と黒澤、伊藤が合祀された一基の墓石がある。

森田節斉

幕末維新期の儒学者森田節斉は、文化八年(1811)五條の医師文庵の子として生まれ、文政八年に京都に出て頼山陽に学びました。

-

文政十二年(1829)に江戸の昌平黌に入り、各地を歴遊したあと京都三条に塾を開く。尊皇攘夷や佐幕開国などで世論が騒然とするなかで起こった安政の大獄の際、吉田松陰はじめ彼の弟子や同士は、その多くが処刑され、ついで起こった天誅組の変には彼の門人である乾十郎らが加わり、同じく多くの同士友人が斬られた。

森田節斉自身は明治維新の表舞台に出ることはありませんでしたが、思想面での指導者として多くの勤王志士に影響を与えている。

乾十郎

天誅組の五條代官所襲撃から櫻井寺を本陣とする手はずを整えたのは五條出身の医者、乾十郎でした。

-

4歳にして孟子を諳んじるほどの秀才で、森田節斉・梅田雲浜に学問を学び、大坂に出て町医を開業した後再び五條に戻り、吉野川に放流する木材に課せられる木材税を不当として紀州藩に撤廃を談じ込み成功させたり、容認はされなかったが吉野川の水を大和平野に疎通させて灌漑設備を整えようと上書したりしています。

天誅組本陣跡

文久三年は五條代官所を舞台に、明治維新の魁となる天誅組の変が起こり、代官による支配の終焉を迎えます。その後、奈良県が設置され、さらに五新鉄道の建設が戦争によって工事途中で断念されるなど、あわただしい時代の波にのまれた歴史がありました。

天誅組は代官所を焼き払った八月十七日から「八月十八日の政変」を受け急いで天辻へ本陣を移す二十日までの間、櫻井寺に「御政府」の看板を掲げ本陣とした。

-

櫻井寺には、さらし首となった代官鈴木源内の首を洗ったとされる首洗鉢が残っている。

-

井澤宜庵宅跡

井澤宜庵(いざわぎあん)は文政六年(1823)に紀伊国伊都郡に生まれ、医者をしていた(現在の五條小学校あたりで)。天誅組には軍医として参加し、高取城攻めで負傷した吉村寅太郎の手当てもした。

丁寧な治療により大将の中山忠光から褒美として刀を贈られたという。

-

天誅組は尊皇の志が厚い十津川に立てこもり、そこで兵を集めてなおも抵抗を続けたが、天誅組が反乱軍となった事実が十津川郷士に知れると、彼らも離反して勢力は日に日に弱まり、吉野郡鷲家口(現在の東吉野村)でほとんど全滅した。

天誅組の変は生野の変とともに尊皇攘夷派によって試みられた最初の反幕府武装蜂起であった。

五條代官所

奈良県五條市役所がある場所に五條代官所が建っていた。五條代官所は寛政七年(1795)に設置され宇智郡(現在の五条市)を中心に五郡、七万千石余の天領を支配する幕府の出先機関だった。

文久三年(1863)八月十七日の七つ時(午後4時頃)、天誅組は此処を襲撃し、代官鈴木源内を殺害して代官所を焼き払った。

-

史跡公園にある五条代官所長屋門
元治元年(1864)十月、幕府は代官所を立て直し、明治元年(1868)五月に、代官所は奈良県に引き継がれ、明治三年二月五條県発足のおり五條県庁となり、その後、警察大屯所や中学校として利用され、明治十年(1877)には五條区裁判所となりました。

-

-

天誅組は、当時先の侍従だった中山忠光を大将とする尊皇攘夷の志士たちで、折りから朝廷内の尊皇攘夷派によって計画されていた。倒幕のための孝明天皇の大和行幸に呼応し、その先鋒になろうとして決起した。

代官所襲撃後、支配下の領地を朝廷に差し出すと宣言して、後は孝明天皇の行幸を待つばかりとなったが、突然起きた「八月十八日の政変」によって朝廷内で尊皇攘夷派が排除されると、天誅組は一転して反乱軍とされてしまった。
記事検索
おきてがみ
web拍手
Archives
メール
  • ライブドアブログ