さわらびの道

-

         妹らがり今木の嶺に茂り立つ
                嬬松の木は古人見けむ

この歌は、菟道雅郎子(うじのわきいらつこ)の宮所で歌われたもので作者は不詳、
「妻の家へ今着たという名の今木の峰に枝葉を茂らせて立つ松、夫の訪れを待つように、今も立っている松の木を昔の人もきっと見たことであろう」という意味で宮所は宇治神社あたり、今木峰は朝日山の古名とされている。

-