知音の旅人

誰人であっても誕生と同時に 人生と云う旅に出て 目標に辿り着こうとする旅人である

なんじゃもんじゃの木

ヒトツバタゴ

ヒトツバタゴ(なんじゃもんじゃの木)
モクセイ科の落葉高木で葉はて托葉のない単葉で、長い葉柄があり対生する。緑色、楕円形、、長さ3〜7僂如⇔¬未砲漏貎Г量咾生える。
花は4月下旬から5月中旬に純白で円錐状の集散花序を小枝の先につける。果実は核果で熟すと黒くなる。
別名については、昔、上野に大きな木があったが名前が判らないので「ナンジャモンジャ」と呼んだことに由来すると伝えられる。

-

なんじゃもんじゃの木

和名 ヒトツバタゴ  モクセイ科の落葉高木で、愛知県犬山市、岐阜県岐阜市などに野生し、長崎県対馬の鰐蒲の海崖に自生地がある。
雌雄異株であるが雄株と両性花異株に分かれる。

-

和名はトネリコの葉によく似た葉を持つことに由来する。トネリコの葉は羽状複葉であるがヒトツバタゴの方は単葉をつける。このことから「単葉のタゴノキ」という意味でヒトツバタゴと名付けられた。

また、別名の「なんじゃもんじゃ」は名前がわからないので「なんていうもんじゃ・・・」と尋ねたことからナンジャモンジャの木と呼ばれていたという。
五月に白雪のような花をつけ香りが良い。
記事検索
おきてがみ
blogram
blogramによるブログ分析
足あとを残せます。
後ほど訪問致します☆
Archives
  • ライブドアブログ