ミッキーマウスノキ
2メートル程に育つ常僂猟稾擇如花が春から夏にかけて咲きます。最初は萼片が黄緑色ですが、徐々に赤く変化していきます。そして黒い石果と呼ばれる実を付けます。この実こそがこの木の最大の特徴です。ある方向から見るとミッキーマウスに似ていることからミッキーマウスノキと呼ばれるようになりました。
正式な名前は「オクナ・セルラタ」といいます。

-

食虫植物 
虫を捕らえて自らの栄養としている植物で、世界中で約560種もあるといわれ、虫の捕らえ方は様々でウツボカズラの仲間は葉の先を袋に変え、虫をその中に誘い込み捕らえます。モウセンゴケの仲間は葉に取りもちのようなネバネバの液体を出し虫を逃がしません。また、ハエトリグサは虫がとまるとその葉を閉じて挟み込んで捕らえます。

ウツボカズラ
食虫植物として有名で細長い葉の先にフタがついた袋をつくります。この袋の口には虫を誘引する腺があり滑りやすく、訪れた虫は足を滑らし袋内に落ちます。袋の底には消化酵素やバクテリアが溶け込んだ水が溜まっていて、落ちた虫は溺死した後、消化され袋の内壁より吸収され養分になります。

-

モウセンゴケの仲間(Drosera)
やせた湿地などに生育する食虫植物です。約90種が知られていますがその内半分以上はオーストラリアに分布しています。葉の表面に生えている無数の腺毛から粘液を分泌し、とりもちのように小さな昆虫を捕らえます。昆虫が粘液に捕まると、葉が徐々に巻いていき、獲物を包み込みます。昆虫は消化液によって消化され、モウセンゴケの栄養として吸収されます。
名前にコケとありますが、コケの仲間ではありません。腺毛が鮮やかに赤色をしており、群生している様子が毛氈の見えることから毛氈苔の名がつきました。

-