ジュラ紀の姿を現代に見せる太古の植物
ジュラシック ツリー(jurassic Tree)は、世界最古の種子植物とされるナンヨウスギ科の針葉樹です。 この名前は日本でつけられた愛称で、世界共通名は、Wollemi Pine(ウォレマイ ・パイン)と呼ばれます。

-

現存する種子植物の中では最も古い姿を保っている生きた化石と呼ばれる、化石研究により、2億年前のジュラ紀の頃から姿を変えずに生きてきたと考えられており、、オーストラリアのウォレマイ国立公園内の渓谷から100本程度の生体が発見された。

-

学名:Wollemia nobilis(ウォレミア・ノビリス)
正式名称:Wollemi Pine(ウォレマイ ・パイン)
科属名:ナンヨウスギ科(Araucariaceae)
原産地:オーストラリア ・シドニーのウォレマイ国立公園にある渓谷
樹高:35〜40メートル 幹の直径:1〜1.2メートル 現存する木の樹齢:500〜1000年
野生の個体数:100株(成木)  木の種類:針葉樹
特徴:雌雄同株、木の枝葉が二列に並んで垂れ下がる、冬芽の先端がピンク色の樹脂で覆われる、幹の表面にある泡だったチョコレートのような樹皮