タイワンホトトギス(ユリ科) 多年草 花期(9〜10月)

-


日本では西表島だけにわずかに自生する。園芸栽培されているのはホトトギスとの交雑品も多いといわれている。  茎は普通、屈曲し、無毛かわずかに毛がある。葉は互生し、長さ8〜13僉幅2.5〜4.5僂療殀鐃坊阻瑤篭垢ぢ扮濔披針形〜倒卵形、葉表は無毛に近く、葉裏は有毛、特に脈に沿って多い。葉の基部は茎を抱き、縁に毛があり、先は尖る。茎頂又は葉腋の集散花序にまばらに花をつける。