ババタレ坂(和歌山県橋本市高野口町)

-

明治33年、紀和鉄道高野口駅が開設されて以来、高野山への本道として賑わい多くの参拝客が徒歩や人力車で通ったところです。
高野山の杉材を九度山町入郷の営林署から高野口駅まで牛馬によって運ぶ際に、駅手前の急な坂で牛馬がババ(糞)をしたために、この先の天上川に架かる橋までが「ババタレ坂」と呼ばれるようになたという。