ロウバイ(蝋梅、蠟梅、臘梅、唐梅(カラウメ)、は、クスノキ目・ロウバイ科・ロウバイ属に属する広葉の落葉低木の一つで、早生種では12月頃に、晩生種でも2月にかけて半透明でにぶいツヤのある黄色く香り高い花がやや下を向いて咲く、名前に梅がついているためバラ科サクラ属と誤解されやすいが別属である。

-

唐の国から来たこともあり唐梅(カラウメ)とも呼ばれ、中国名も蝋梅であったことにちなむ。本草綱目によれば、半透明でにぶいツヤのある花びらがまるで蝋細工のようであり、且つ臘月(ろうげつ:旧暦12月)に咲くからこの名がついた。日本においてはロウバイは晩冬『小寒(1月6日頃)から立春の前日(2月3日頃)までの間』の季語とされている

-