知音の旅人

誰人であっても誕生と同時に 人生と云う旅に出て 目標に辿り着こうとする旅人である

一乗谷

一乗谷

一乗谷朝倉氏遺跡

特別史跡 特別名勝 重要文化財指定

DSC_5822

DSC_5837

一乗谷町並

復原町並
井戸は共同ではなく一戸に一つ掘られていたとみられる。

1


武家屋敷
2


武家屋敷跡
最大級の武家屋敷、職人や使用人をおいていたとみられる。
3


屋敷全体図
4




大きな地図で見る

一乗谷朝倉氏庭園

湯殿跡庭園
義景館を見下ろす高台にあって水路が山際に沿って南から北に走り滝口に注ぐ池泉庭園、一乗谷で最も古い庭園とされている。

湯殿跡庭園


中の御殿跡
朝倉義景の実母光徳院の屋敷跡と伝えられている。

中の御殿跡


諏訪館跡庭園
朝倉義景の妻「小少将」の館で、庭園は遺跡のなかでも最も規模が大きい。

諏訪館跡庭園

一乗谷朝倉氏遺跡

朝倉孝景代、1467年の応仁の乱での活躍をきっかけに一乗谷に本拠を移し、斯波氏、甲斐氏を追放して越前を平定した。

以後、5代103年間にわたって越前の中心として繁栄した。
この間、京や奈良の貴族や僧侶などが下向し北陸の小京都とも呼ばれたが1573年織田信長に敗れ城下町も焼き討ちにあい朝倉氏は滅びた。

 朝倉義景館跡入り口 唐門
1

2

 復原模型
3

撮影

週末、一泊での撮影は久しぶりだ。
福井は福井城から大野へ行ったことがある。

今回は一乗谷朝倉氏遺跡から始まる。
日本海が見えるホテルを予約した。

しかし天気予報は曇りから雨になるようだ。
残念、予約したから行くしかない。
記事検索
おきてがみ
blogram
blogramによるブログ分析
足あとを残せます。
後ほど訪問致します☆
Archives
  • ライブドアブログ