知音の旅人

誰人であっても誕生と同時に 人生と云う旅に出て 目標に辿り着こうとする旅人である

三日市宿

天誅組

文久3年(1863)8月17日未明、三日市宿に太鼓や鐘が鳴り響いた。公家 中山忠光を盟主とする尊皇攘夷派の志士の一行が天皇の大和行幸を契機として倒幕の兵を挙げる大和五条に向かうため、油屋に到着したのであった。

彼らは休息し、この間に体勢を整えた。当時、当主の油屋庄兵衛は三日市近在の村からの人足徴用や駕籠の手配など、彼らの世話をしたと語り伝えられている。

-

早朝一行は、観心寺に向かい楠公首塚の前で決起した。その後、千早峠を越え、夕刻、五条代官所を襲撃し「五条新政府」の名乗りをあげた。

しかし、京では「八月十八日の政変」により彼らを支援していた長州藩や公家の三条実美等が失脚し天皇の行幸は中止となり彼らは目的を失い転戦するも幕府軍に追撃鎮圧されてしまう。

この事件が「維新の先駆け、天誅組」である。
時代が明治へと大きく動く5年前のことであった。

三日市宿(八木家住宅)

高野街道三日市宿 八木家住宅

八木家は、江戸時代に高野街道の宿場町として栄えた三日市宿にあり、かつては木綿問屋を経て酒造が営まれ、米の露・味香一正宗が醸造され「東家屋」という屋号が続いています。

-

母屋は木造平屋建て、町屋の伝統的な外観を留めています。鴨居や天井の特徴から18世紀後半に建築されたものと考えられています。

-

土蔵は、木造二階建で外壁面には漆喰が塗られ下半分に焼杉の板が張られ、窓には銅板の扉が各階に設けられています。建築年代は不明ですが造りなどから19世紀後半に建築されたと考えられています。

-

常夜橙(高野街道三日市宿)

弘仁七年(816)弘法大師(空海)は真言密教の道場として高野山を開き以来、皇族、貴族から信仰は篤く、たくさん参拝されました。
時を経て、高野街道が整備されるとともに、諸大名や一般庶民の参拝者が増えて、徳川幕府は大坂と高野山の中間地点でもある当地に三日市宿を設置し、この後、旅籠等が建ちならぶ伝馬宿駅としてたいへん賑わいました。

-

この常夜橙は、その賑わいの往時、明和七年(1770)六月に建立されたものです。

高野街道

東高野街道と西高野街道は河内長野で合流して高野街道となります。

-

-

河内長野駅前を南下して国道371号線を横断すると上り坂となって三日市宿へと続く。

-

奥河内の玄関口、河内長野駅は大阪難波から30分、大阪の南東部、緑あふれる河内長野周辺は奥河内と呼ばれています。
記事検索
おきてがみ
blogram
blogramによるブログ分析
足あとを残せます。
後ほど訪問致します☆
Archives
  • ライブドアブログ