知音の旅人

誰人であっても誕生と同時に 人生と云う旅に出て 目標に辿り着こうとする旅人である

五新鉄道

清水の町並み

和歌山県橋本市にある清水の町並みを見ようとクロスバイクで行ってきました。紀見峠を超えて橋本駅に着いたのが8時30分、紀の川に架かる橋本橋を渡り右折れして暫く走ると右に常夜灯が見えてくる。

-

清水は紀の川南岸の三軒茶屋から学文路を経て、女人堂に至るこの道は、京都・大坂から高野山への高野街道の宿場であった。
紀ノ川南岸の賢堂三軒茶屋に渡し場を示す宝暦2年(1752)の常夜灯が2基残っている。

-

清水村は元和10年(1624)には家数197軒、人数879人であった。高野街道の伝馬所として栄え、街道には参詣人の道中の安全を守るために六つの地蔵を祀っていた。

-

-

-

この地は古くから高野山領で、天正19年(1591)に豊臣秀吉が興山寺の木食応其(もくじきおうご)に与えた1000石の領地であった。それは、織田信長の全国統一事業を受け継いだ秀吉が、天正13年(1585)紀州攻めを行い根来寺を焼き払い、太田城を水攻めにした。高野山は木食応其を秀吉のもとに送って、戦わずして降伏したことによる。

南海高野線紀伊清水駅

-

紀伊清水駅で9時15分、ここから五條・御所・葛城と走り、竹内峠を超えました。

これは、まぼろしの鉄道と云われた五條から新宮(五新線)跡、

-

本日の走行距離は85キロでした。

幻の五新鉄道

五新線の路盤を利用したバス専用道がトンネルや路面の状態が悪いことから2014年9月30日をもって閉鎖されることになっていることから昨日行ってみた。

文字通り奈良県五條から和歌山県新宮まで紀伊半島を縦断する鉄道建設計画があった。

五条市新町辺り、橋脚は取り壊されているがこれから吉野川を渡ることになる。(吉野川の橋脚は造られたが橋梁は建設されなかったようだ)

-

バス専用道入り口

-

五新線の沿線は吉野杉などを鉄道で輸送させる構想で1937年に建設に着手するがルート決定までに時間がかかったり、太平洋戦争が始まり資材不足ため工事が中断したりするが、1957年に工事を再開し、1959年に五条駅から西吉野村城戸(現・五條市西吉野町城戸)まで路盤が完成した。

しかし、西吉野村民は鉄道派とバス派とが村を二分することになり西吉野村は鉄道としての部分開業に反対しバス路線としての開業を主張したり、さらに近畿日本鉄道が吉野口 −五条 −阪本の電化工事を負担し大阪阿部野橋駅から電車による乗り入れの構想が表明され、南海電気鉄道も同様に工事費を負担し難波駅から橋本駅経由での気動車運転の構想を表明したため、混乱に拍車がかかり、結局、五条 −城戸の路盤をバス専用道路として暫定使用する一方、城戸 −阪本は引き続き建設し、この区間の完成後はバス専用道路を鉄道に切り替えるという、バス派と鉄道派の両者を立てた決着が図られた。

-

-

-

-

-

-

-

城戸停留所 土日祝のバスは一日一往復のみ西吉野温泉まで行っている。 

-

城戸 - 阪本の建設工事は進められたが、国鉄再建法施行により1982年に工事が凍結され、結局列車が走ることなく計画は断念された。
城戸停留所の先のトンネルは閉鎖されていた。

CIMG6806

ここまで来たので西吉野温泉にある「きすみ館」で温泉に入った。ここは若い頃に来た記憶が残っている。玄関を入ったところはリフォームはされているが当時は芋の子を洗うように混雑していた。

-

備考
五条 - 城戸間は国鉄・JRバス専用道路として国鉄・西日本JRバスが運行していたが、並行道路の改良が進み専用道路の優位性がなくなったことから、開業時は続行運転をしていた程の乗客もほとんど無くなり、2002年10月にJRバスは撤退し、その後は地元自治体の委託を受ける形で奈良交通のバスが運行されている。しかし便数は減少の一途を辿っており、現在では土休日は早朝の1往復だけとなっている。

幻の五新鉄道

記憶が蘇った。
自転車で五條から十津川温泉へ行った帰り雨になり道はぬかるんでいて走りずらい。
バスの専用道路は知っていたが入れない。

この道路が五新鉄道の軌道だ。

_

1937年(昭和12)から着工し、生子トンネルの貫通までできたが太平洋戦争戦争が始まり資材不足等で工事は中断となった。
戦後工事は再開され1959年(昭和34)に五條〜新宮間の路盤工事は完成したが経済社会情勢の変化によって中断されたとある。
記事検索
おきてがみ
blogram
blogramによるブログ分析
足あとを残せます。
後ほど訪問致します☆
Archives
  • ライブドアブログ