知音の旅人

誰人であっても誕生と同時に 人生と云う旅に出て 目標に辿り着こうとする旅人である

伊予松山城

伊予松山城

松山城は松山平野の中央に位置する勝山を中心に築かれた平城で、山頂に本丸が南西の山麓に二之丸や堀と土塁に囲まれた三之丸が配されています。

-

松山城の築城は、関ヶ原の戦いでの活躍により、この地を与えられた加藤嘉明によって始められ築城にあわせて勝山の南を流れていた湯山川を付け替え、三之丸と城との周囲に侍町をその外側に町人地を置き、さらに勝山の北側にある御幸寺山の山麓に城を防備するために寺町を置きました。

-

-

加藤嘉明は正木城(伊予郡松前町)から慶長8年10月に新城下に移りました。この頃から松山と呼ばれるようになったと伝えられています。
城の完成は寛永4年に嘉明が会津へ転封された後、蒲生忠知によると伝えられ、忠知の死後、跡継ぎがいなかったため、寛永12年、松平定行が松山藩に入り、以後、明治維新を迎えるまで松平家の居城となりました。

井戸(伊予松山城)

本丸の太鼓門櫓前にある井戸
築城時に谷だった場所を埋め立てるのにあわせて、泉を掘り下げ石を積み上げて造られたと伝えられています。
深さは44.2メートル、水深は9メートルあり、戦前までは釣瓶が備えられ、冷水を汲み上げて飲むことが許されていました。

-

上屋は戦災で焼失したため城内で初めて再建されました。

井戸には、
   1.底がない
   2.天守と二ノ丸への抜け穴がある
   3.大こうもりがいる
   4.水を綺麗にするため大判・小判が投げ込まれている
などの言い伝えがありましたが、いずれも真実でないことがわかっています。

巽櫓(伊予松山城)

太鼓門
本丸大手の正門と位置づけられている脇戸付きの櫓門で巽櫓や太鼓櫓とともに防衛線を構築しており、隠門や筒井門とその続櫓による第1の防衛線に続く第2の防衛線となっています。

残念ながら1945年の戦災で焼失したため、門は欅、階上は栂で復元されました。

-

巽櫓
本丸の南東に位置する二重櫓で、一重目南面に千鳥破風が付けられています。太鼓門と一体となって防衛線を構築しています。
巽櫓西塀は長さ7.82メートルで6ヵ所の狭間が設けられています。これも1945年の戦災で焼失したため復元されました。

-

太鼓櫓
本丸の西南隅に配置された矩折(かねおり)の二重櫓です。この櫓は巽櫓・太鼓門・同西塀と同じ高さ(約7メートル)の石垣の上に築造されており、これらは一連の防衛線となっています。
築城時に建てられたものと考えられ、明治時代に石落や突揚戸などが改変されたが同じく戦災で焼失しました。

-

隠門(伊予松山城)

筒井門
筒井門と隠門は本丸大手の重要な固めで、城内で最も堅固な建造物の一つです。
筒井門は脇戸付きの櫓門で、慶長年間(1596〜1615)の築城に際し、正木城(伊予郡松前町)から移築されたと伝えられる城内最古の建物の一つでした。

門の棟木裏には、「慶長七□□年四月マサキヨリウツス也」と墨書きされていました。放火により焼失しましたが復元されました。

-

隠門
この門は正門である筒井門の奥の石垣に隠された埋門(うずみもん)形式の櫓門で、戸無門を通過して筒井門に迫る寄手の側面を急襲する策略が秘められています。
欄間は戸無門同様の格子欄間で、2階は筒井門東続櫓と隠門続櫓とを結ぶ渡櫓となっています。

慶長年間の築城時に建てられたと考えられており、創建当時の技法が残されている貴重な建造物です。
これを過ぎると太鼓櫓と巽櫓に進みます。

-

-

筒井門西続櫓と同東続櫓は筒井門の両側に設けられた平櫓で筒井門・隠門とあわせて大手の防備を担っています。

-

隠門続櫓は隠門2階の渡櫓の東側に接続する平櫓で、長者が平(なる)からの登城道を監視する目的で揚木戸門前の本丸石垣の上に建っています。
平面形は、石垣に合わせて東側に突き出た変則的なものとなっており、西側は隠門渡櫓につながっています。

-

伊予松山城(戸無門)

二ノ丸から本丸へ
黒門口登城道は慶長年間に造られ二ノ丸から本丸への通路であった。

-

-

大手門跡

-

-

-

中ノ門跡
大手登城道の太鼓櫓石垣下に設けられていましたが明治時代に取り壊されました。
この門を設けることで、攻めてきた寄手は門を通りすぎて直進する者と戸無門へ行く者に分かれますが直進した者は乾門下で行き止まりとなります。
太鼓櫓から乾門へ続く石垣は屏風折と呼ばれ石垣が屈折しています。これは寄手がどこにいても弓や鉄砲で射撃できる横矢掛といわれる防衛上重要な構造となっています。

-

戸無門
この戸無門は、本丸の大手登城道に設けられた高麗門です。両脇の寄掛柱を石垣にもたせ、脇戸はありません。江戸時代から戸無門の名で呼ばれており、鏡柱に扉を吊る肘壺の痕跡もないので創建当初から扉を持たなかったものと考えられます。
建築年代は明らかではないが、寛永から正保年間(1624〜1648)の建立と推測されています。また、寛政12年に立て替えられたことを示す棟札が残されています。

-

伊予松山城

松山城は慶長7年(1602)に加藤嘉明によって築かれた城郭で、本丸をはじめとして二ノ丸、三ノ丸、西ノ丸、東郭、北郭によって形成されており、三ノ丸は藩の主要な施設と中上級武士の屋敷が配されていました。

 三ノ丸跡

-

黒門口登城道は三ノ丸から二ノ丸、本丸へと続く大手登城道で三ノ丸からの入口となる黒門周辺は、特に堅固な構えで、わずか100メートル程の間に黒門、栂門、槻門と五度の屈曲が連続し、門には番所が設けられていました。
また、黒門と栂門の間には腰掛が設けられていました。

黒門跡

-

-

備考 腰掛は藩士が登城する際にお供の者を待たせていた建物
    黒門には古文書によると、門の屋根には「矢切」という「忍びがえし」が備えられ、門の左右の石垣
    上には石落や狭間などが備えられた渡塀が続いていたという。
記事検索
おきてがみ
blogram
blogramによるブログ分析
足あとを残せます。
後ほど訪問致します☆
Archives
  • ライブドアブログ