伊勢国と伊賀国にまたがる伊賀街道は、津から橡(とち)ノ木峠とも呼ばれた長野峠を越えて上野に至る全長約12里の街道で、伊勢・伊賀二国の大名藤堂高虎の移封後、津(本城)と上野(支城)をむすぶ最も重要な官道として整備された街道である。

-

この道は上野経由で伊勢に向かう参宮客だけでなく、津方面から水産物や塩が、伊賀方面から種油や綿などが運ばれた伊賀・伊勢両国の経済・生活の大動脈としての役割も担っていた。

-