和歌山城の石垣のうち2110個に刻印がある。
刻印のデザインは多種多様で家紋やその省略文字であったり方位や日付、人名と考えられるものもある。何のために刻印されたかは諸説がありわかっていない。

-

刻印のある石垣が和泉砂岩に限られ、浅野家が城主だった時代(1600〜1619)に修築された石垣にしか使われていないことなどから浅野家の家臣が主家の城普請に協力したしるしとして刻印したという説がある。