坂本龍馬、沢村惣之蒸と梼原にゆかりのある六志士の銅像、1862年春、坂本龍馬は、勤王郷梼原から那須俊平・信吾父子の案内で盟友澤村惣之丞とともに、回天の偉業を夢見て脱藩した。

-

梼原からも吉村虎太郎、前田繁馬、中平龍之助が国境を越え維新の動乱の渦中に身を投じた。

右から那須俊平(57歳)、坂本龍馬(32歳)、沢村惣之蒸(25歳)、掛橋和泉(中央)、中平龍之介(22歳)、吉村虎太郎(26歳)、那須信吾(34歳)、前田繁馬(28歳)