知音の旅人

誰人であっても誕生と同時に 人生と云う旅に出て 目標に辿り着こうとする旅人である

勅使門

三門と勅使門(東福寺)

京都東山南端に位置する東福寺の門は、月下門(月華門)、二王門(仁王門)、三門、六波羅門、南門、中門、北門、日下門、勅使門等があります。

勅使門(開かずの門)
天皇の勅使をお迎えするときに使います。三門の前に池があり、勅使専用の橋が架かっています。

-

三門
五間三戸、二階二重門、入母屋造、本瓦葺(柱間五間で入口が三つの門を五間三戸という)

-
 

東福寺三門は、元応元年の大火によって失われた後、応永年間(1394年〜1428年)に室町幕府四代将軍、足利義持によって再建されました。

禅林寺

東山を背景に阿弥陀堂をはじめとする古建築が、緑と水に恵まれた庭に調和し、古来、都びとに愛された優美な景観のなかで静かなひとときを過ごす。

-

-

唐門(勅使門)
勅使を迎える四脚形式の向唐門であり、江戸末期の文政十三年(1830)に再建された。
入母屋造、檜皮葺の前後を大唐破風造に納め軒先の木鼻に架空の動物の獏を置き、各所を雲龍や唐草の彫刻で飾る。
唐門の内側には、釈迦堂前庭があり白砂を小判形に盛って市松模様をあしらった盛砂がある。勅使は盛砂を踏んで身を浄めて入堂した。

-

京都東山山麓、南禅寺北側に位置する永観堂禅林寺は境内が広い、大玄関にあるスリッパに気が付かず靴下のまま板の長い廊下を歩くとこの時期は足が痺れるように痛くなる。

修行僧ではないので我慢にも限界がある。

-

記事検索
おきてがみ
blogram
blogramによるブログ分析
足あとを残せます。
後ほど訪問致します☆
Archives
  • ライブドアブログ