知音の旅人

誰人であっても誕生と同時に 人生と云う旅に出て 目標に辿り着こうとする旅人である

勝海舟

八年庵(五個荘近江商人屋敷)

八年庵は、豪商塚本家を守り、晩年は女学校創始者として女子教育に情熱を注いだ塚本さと(1843〜1928)の二男・二代目塚本源三郎(1866〜1939)が明治13年に古屋を購入して移築し、既存の土蔵を合わせた築200年以上の邸宅で、塚本家の理念を表す「質素倹約と勤勉」そのものの落ち着いた佇まいと文人好みの簡素な山水庭が美しく敷地面積は約620坪、建物面積は約288坪である。


-

文化人としても知られる塚本源三郎は、書家の雅号・八年(やとせ)から同邸を「八年庵(はちねんあん)」と称し、同庵を訪れた野村文挙、山元春挙、山岡鉄舟らの作品をはじめ、塚本家と交流のあった勝海舟、福沢諭吉らの書簡、屏風、掛け軸などが保管されている。

-

神戸海援隊の碑

1863年、幕府の軍艦奉行・勝海舟が設立した「神戸海軍操練所」があった、藩士・浪人も入学を許可した画期的な海軍訓練所で練習生の坂本竜馬が海援隊を作るためのメンバーを集めるなど海援隊の基盤を神戸で作った

-
記事検索
おきてがみ
blogram
blogramによるブログ分析
足あとを残せます。
後ほど訪問致します☆
Archives
  • ライブドアブログ