この石垣は、悠久の昔から変わることなく流れつづける大井川から江戸時代に川越稼業の人足たちが日々の業を終えて帰る際に河原から石一つを持ち帰り蓄積して、この土手(堤)石垣を築いたものである。

-

-

写真は静岡県島田市大井町にある大井神社の参道、