この地は、高濱虚子が昭和19年から22年まで疎開されていたところであり、その旧居「虚子庵」が隣接しています。

       − 人々に 更に紫苑に 名残あり −

-