知音の旅人

誰人であっても誕生と同時に 人生と云う旅に出て 目標に辿り着こうとする旅人である

坂本龍馬

坂本龍馬

     
-

世の人は我を何とも言わば言え 我なす事は我のみぞ知る   坂本龍馬

-

坂本龍馬、避難の材木小屋跡

慶応二年(1866)1月24日未明、薩長同盟を締結した坂本龍馬が、長州藩の三吉慎蔵と寺田屋に潜んでいるところを伏見奉行配下の役人に取り囲まれ、風呂場にいたお龍が、不穏な気配を察知して二階の龍馬に危機を告げたので龍馬はピストルで応戦した。
三吉は槍を構えて戦いましたが乱闘になり、龍馬は両手首を切られてしまいます。負傷した龍馬を肩に掛け、裏口の物置を抜けて隣家の戸を破り小路に出て逃走した三吉は途中の寺に探索者がいるのに気付き、方向転換して川端の材木小屋を見つけて密かに忍び込み、龍馬をその小屋に置いて豪川沿いの伏見薩摩藩邸に駆け込みました。
この事件の顛末の詳細は「三吉慎蔵日記」に記されており、龍馬が潜んだとされる西浜の材木小屋は豪川の左岸南方にあったと言われている。

-

藩邸へはすでにお龍が知らせていたので、留守居役の大山彦八は薩摩藩の旗印を掲げた船を出して龍馬を無事救助しました。龍馬の傷は深く、静脈も傷つき、翌日まで出血が止らなかったと龍馬の手紙にも記されています。
龍馬とお龍は、1月29日まで伏見薩摩藩邸に滞在し、約1ヶ月後に西郷隆盛らとともに薩摩藩の蒸気船三邦丸に乗船し鹿児島へ向かい傷の治療をかねて霧島温泉に向かいます。
これが後に、日本で最初の新婚旅行といわれています。

勝海舟寓居地

「文久3年軍艦奉行勝安房守紀州藩海岸防衛工事監督のため幕府より和歌山に派遣せられし時此処に寓居す時 に門下坂本龍馬も亦来りて事に従ふ」

文久3年(1863)、軍艦奉行であった勝海舟は幕府より紀州の砲台検分を命じられ、(当時、日本は長年の鎖国から開国へと体制が変わり、外国船が来航するなか)海に面した紀州は砲台(和歌浦・加太)を築き防衛を強化する必要がありました。勝海舟は数日間、両替商「清水平右衛門」邸に仮住まいをして、その任に当たりました。
坂本竜馬も勝海舟を訪ねこの地に来たとされています。


-

神戸海援隊の碑

1863年、幕府の軍艦奉行・勝海舟が設立した「神戸海軍操練所」があった、藩士・浪人も入学を許可した画期的な海軍訓練所で練習生の坂本竜馬が海援隊を作るためのメンバーを集めるなど海援隊の基盤を神戸で作った

-

龍馬の生まれたまち記念館

南国土佐、坂本龍馬が生まれた地、その誕生地の上町に、龍馬を中心とした歴史、観光、文化の推進とコミュニティー育成のまちづくりを目指して「龍馬の生まれたまち記念館を建設したとある。

観光者が龍馬の横に座って一緒に写真が撮れるようになっている。

-

この記念館からすぐの中村街道沿いの上町一丁目バス停辺りに龍馬生誕地がある。

維新の門

坂本龍馬、沢村惣之蒸と梼原にゆかりのある六志士の銅像、1862年春、坂本龍馬は、勤王郷梼原から那須俊平・信吾父子の案内で盟友澤村惣之丞とともに、回天の偉業を夢見て脱藩した。

-

梼原からも吉村虎太郎、前田繁馬、中平龍之助が国境を越え維新の動乱の渦中に身を投じた。

右から那須俊平(57歳)、坂本龍馬(32歳)、沢村惣之蒸(25歳)、掛橋和泉(中央)、中平龍之介(22歳)、吉村虎太郎(26歳)、那須信吾(34歳)、前田繁馬(28歳)

幕末の志士

 祇園小唄の歌碑からこの橋を渡って、

DSC_5336

 暫く歩くと右に坂本龍馬と中岡慎太郎の銅像が見えてくる。

DSC_5340
記事検索
おきてがみ
blogram
blogramによるブログ分析
足あとを残せます。
後ほど訪問致します☆
Archives
  • ライブドアブログ