知音の旅人

誰人であっても誕生と同時に 人生と云う旅に出て 目標に辿り着こうとする旅人である

泉州堺の町

堺のまちを囲んでいた環濠は、戦国の世から近代にいたるまで、海に開かれた都市堺における平和と繁栄の象徴として存在してきました。
「堺は東洋のベニスの如し」 これは宣教師ガスパル・ビレラが本国に送った報告書のですが、「堺の町は甚だ広大にして大なる商人多数あり。この町はベニスのごとく執政官に依りて治められる」と記しています。
執政官に相当するのが会合衆と呼ばれる豪商たちで、堺の町の運営や訴訟を裁くなどの権限をもって町を治めていたのです。

大正頃の土居川(宿屋町付近)

-

堺の中心部を流れる内川・土居川は、400年にわたり堺のまちを見守り、舟の運航や排水路として堺の発展してきました。堺の都市化とともに川は利用されなくなり工場廃水や生活廃水で水質は悪化していましたが、最近ではみんなの努力によってだんだんと水がきれいになり、いろいろな魚や鳥が住むようになってきました。

-

南海鉄道の橋脚
川の中に残されたレンガ造りの橋脚は、戦前に実際に使われていた南海鉄道の橋脚です。南海電気鉄道の前身である阪堺鉄道は、我が国最初の純民間資本による民鉄です。阪堺鉄道事業譲渡された南海鉄道は、この橋脚の上を通って明治36年に難波から和歌山市間を結びました。
戦後、戦災復興土地区画整理事業に伴い、昭和23年度に阪堺線・同大浜支線、昭和30年度に南海本線が鉄軌道移設され南海本線は以前より西側に位置します。

-

芝辻理右衛門屋敷跡

榎並屋勘左衛門家は、江戸幕府の御用鉄砲鍛冶として重用され、芝辻理右衛門家とともに鉄砲年寄りとして堺の鉄砲鍛冶の中心的地位にありました。

この両家に分家の榎並屋九兵衛、榎並屋勘七、芝辻長左衛門を加えた五鍛冶が平鍛冶と呼ばれ他の鉄砲鍛冶を統制しました。

-

芝辻理右衛門は、徳川家康から大坂城攻めのために鉄張の大砲を作ることを命ぜられ、慶長16年(1611)銃身一丈(約3メートル)口径一尺三寸(約39センチ)砲弾の重さ一貫五百匁(約5.6圈砲梁臻い鮑遒蠅泙靴拭

大坂冬の陣(1614)の前に、1000挺の鉄砲を急いで製造するようにという徳川家康からの命に応え、その功労により元和元年(1615)高須の地を賜りました。

鉄砲を作る技術はその後、刃物・自転車の製造へとつながり、堺の伝統産業の基礎となりました。
現在もこの地域に刃物、自転車の工場が多いのはそのような歴史を引き継いでいるからです。


住の江や 和泉の街の七まちの 鍛冶の音きく 菜の花の路
                                      与謝野晶子


「ななまち(七町)」というのは、宝暦8年(1758)に堺奉行・池田筑後守正倫の取り計らいで、堺製のタバコ庖丁を幕府公認として日本全国に売り捌くことになり、そのさいに37軒の鍛冶屋を公認業者として指定しましたが、それらの業者が堺北部の北旅籠町、桜之町、綾之町、錦之町、柳之町、九間町、神明町の「七町」に住んでいたことに由来する。という。

堺の自転車

文政元年(1818年)、ドイツのドライス男爵が発明した木製ハンドル付の地面を足で蹴って走る「ドライジーネ」が自転車の始まりと言われています。

-

鉄砲鍛冶の知恵と技を生かし発展してきた堺の自転車産業の発達の歴史があった。

-

ペダルで車輪を回し、チェーンで後輪と駆動する方法などが考案され、明治18年(1885年)にはイギリスのスターレーが前輪と後輪が同じ大きさの「ローバー」を発明し、現在の自転車のモデルになりました。

-

-

古く堺に古墳築造のために鉄器をつくる優れた技術を持つ人が多く集まって始まった堺のものづくりの歴史があった。
その後優れた鉄の加工技術は、中世から近世には刀・刃物づくりや鉄砲づくりに受け継がれました。
さらに明治に入り自転車が輸入され普及していくとともに、その技術は自転車の修繕に役立ちました。
そして現在、自転車部品を世界に輸出する「自転車のまち」として、堺の自転車産業の発展につながることになったのです。

河口慧海

慶応2年(1866)、堺に生まれた河口慧海は、明治33年(1900)、幾多の困難を乗り越えつつ、ただ一人チベットに入国しました。

-


各国の言語や社会情勢を学び高地の気象・自然・医療をも勉強した彼は、世界の屋根ヒマラヤを超え当時厳重な鎖国状態にあったチベットに入ったのです。

-


慧海の目的は、仏教の源泉を尋ねることにあったのですが、日本人として初めてのヒマラヤ踏破者となり、世界的に貴重な教典・仏像・民俗資料・新発見17種を含む多数の高山植物標本をもたらすことになりました。

これらの資料群は、彼が草分けとなった日本チベット学のみならず、他の学問の進歩にも多大な貢献を成したのです。
苦難の旅を綴った彼の「西蔵旅行記」は、チベット研究の第一級史料として今なお広く読まれ国際的評価の高い文献となっています。

布教の道

1541年4月7日、フランシスコ・ザビエル一行はサン・ティアゴ号でリスボンを出発し翌年5月6日インドのゴアに到着した。

以降、マラッカから1549年8月15日鹿児島に上陸した。
鹿児島から平戸〜博多〜山口〜岩国〜堺〜京都と布教の道を進めた。

ザビエルの手紙には「ひどい寒さや、途中で出会ったたくさんの盗人のことはここでは話しません」と書いている。

万里の波濤を超えて日本にやってきたことに感動した船客が堺の友人に紹介状を書いてくれた。

宛名は日比屋了珪という堺・櫛屋町の商人だった。

ザビエル公園


ザビエルを手厚くもてなした堺の豪商日比谷了珪の屋敷は現在は公園となっている。
その名をザビエル公園(戎公園)という。
記事検索
おきてがみ
blogram
blogramによるブログ分析
足あとを残せます。
後ほど訪問致します☆
Archives
  • ライブドアブログ