槙尾山由来記によると、空海は童形のころ槙尾山におり弁財天を信仰し、高野山開創後もその信仰は固く、毎月、九度は和泉の槙尾山に参拝していた。

-

ある時、紀の川が増水し大師が渡りかねていると「御対面石」に弁財天が姿を現し「和泉まで参拝するのが大儀であるから、この九度山の地に移してよかろう」とのお告げにより、この尊を勧請して槙尾山明神社に祀ったと伝えられる。
この対面石は現在でも街道筋にあり、「紀伊続風土記」にも「弘法大師槇尾明神と対面せし処といひ伝えたり」とあり、今では弘法大師が母公と対面した所と説明している。